磯村勇斗:「自分は俳優に向いていない」 「情熱大陸」で悩みもがく姿

3月21日放送の「情熱大陸」に出演する磯村勇斗さん
1 / 1
3月21日放送の「情熱大陸」に出演する磯村勇斗さん

 俳優の磯村勇斗さんが、3月21日午後11時15分から放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS・TBS系)に出演する。磯村さんは、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の見習いコックのヒデこと前田秀俊、特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)のアラン(仮面ライダーネクロム)、「恋する母たち」(TBS系)の赤坂剛らの個性的なキャラクターを演じて話題となった。そんな磯村さんが俳優として進むべき道筋を見失い、悩みもがく姿と覚悟を紹介する。

 今年1月、磯村さんはドラマと映画4本を並行撮影。連日、違う役として現場に立ち続ける日々で「自分は何のために俳優をやっているのか……」と、今までに感じたことのない葛藤に苦しみ始めたという。作品が重なり、全ての役に100%で向き合えないいらだち、かみ締める間もなく次々と作品を通り越していく不安。「このままでは俳優として腐ってしまう」「自分は俳優に向いていない」と、カメラに語る。

 磯村さんの過去や古里の静岡・沼津に戻る姿のほか、ストイックな一面も紹介する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る