ゲキカラドウ:最終回「さらば愛しのゲキカラドウ」 “猿川”桐山照史、東京での最後のプレゼン 鈴木亜美がゲスト

人気グループ「ジャニーズWEST」の桐山照史さんの主演ドラマ「ゲキカラドウ」の最終回のワンシーン(C)「ゲキカラドウ」製作委員会
1 / 3
人気グループ「ジャニーズWEST」の桐山照史さんの主演ドラマ「ゲキカラドウ」の最終回のワンシーン(C)「ゲキカラドウ」製作委員会

 人気グループ「ジャニーズWEST」の桐山照史さんが主演を務めるテレビ東京の連続ドラマ「ゲキカラドウ」(水曜深夜0時12分)の最終回「さらば愛しのゲキカラドウ」が、3月24日深夜、放送される。激辛好きで知られる歌手でタレントの鈴木亜美さんが、激辛メニューが豊富なラーメンチェーン店「蒙古タンメン中本」の店員役でゲスト出演するほか、蒙古タンメン中本の社長、白根誠さんも本人役で出演する。

 飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室の猿川(桐山さん)は、「JAL」への商品プレゼンを任される。室長の谷岡(平田満さん)はいつになく厳しく、手伝おうとする友麻(泉里香さん)たちを「彼1人に任せなさい」と突き放す。

 いつもなら協力し合えと言うはずの谷岡の態度に驚く一同。実は猿川には大阪本社に戻るよう辞令が出ていた。はたして猿川は東京での最後のプレゼンを成功させることができるのか……。送別会は激辛界の総本山・蒙古タンメン中本。伝統の蒙古タンメンに汗と涙が止まらない?……というストーリー。

 ドラマは、「激辛道=ゲキカラドウ」を真剣に追い求める一人の男が、成長する姿を描く“グルメコメディードラマ”。中堅飲料メーカーで働く明るくて愛きょうがあるサラリーマン・猿川健太は、大阪本社から東京支社へ異動。猿川を待ち受けていたのは、激辛料理をこよなく愛する変わり者たちだった……というストーリー。「孤独のグルメ」「忘却のサチコ」「きのう何食べた?」などのグルメドラマを放送してきた同局が、ブームとなっている激辛グルメに焦点を当てている。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る