おじさまと猫:最終回 “森山”小関裕太がピンチ “神田”草刈正雄にできることとは?

俳優の草刈正雄さんの主演ドラマ「おじさまと猫」の最終回のワンシーン(C)「おじさまと猫」製作委員会
1 / 14
俳優の草刈正雄さんの主演ドラマ「おじさまと猫」の最終回のワンシーン(C)「おじさまと猫」製作委員会

 俳優の草刈正雄さん主演のドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系、水曜深夜0時58分)の最終回が、3月24日深夜に放送される。

 神田と再会し、無事におうちに帰ってきたふくまる(声・神木隆之介さん)。安心するも、ふと孤独に過ごした日々がこみ上げ、泣き出してしまう。そんなふくまるに神田(草刈さん)はそっと寄り添うのだった……。

 一方、森山(小関裕太さん)のライブが翌日に迫っていた。ふくまるの捜索に協力してくれた皆のためにも、神田はライブに行くことを決意する。しかし翌日、会場で神田が目にしたのは、仲間に見捨てられ、ステージで1人立ち尽くす森山の姿だった。そんな彼のために神田ができることは……。

 原作は、ウェブサービス「ガンガンpixiv」、マンガ誌「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の、桜井海さんの同名コミック。妻に先立たれて以来、ふさぎ込んだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田が、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会い、次第に笑顔を取り戻していくハートフルストーリー。

写真を見る全 14 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る