杉田智和:「七つの大罪」エスカノール役 最終章で「変わらぬ想いが強く」

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する杉田智和さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する杉田智和さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~2020年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。エスカノール役の杉田智和さんは、同作に出演する中で「変わらぬ想(おも)いが、強くなっていきました」と感じているという。同作への思いを聞いた。

 ◇皆に出会えて、そしてあの人を好きになってよかった

 --作品、キャラクターの魅力は?

 ある程度完成された空間に最後の〈七つの大罪〉として参戦する緊張感は今でもよく覚えています。エスカノールの持つ傲慢とは、不条理を突き付けられた時に決して折れずに立ち向かう強さだと思います。それは今までも、これからも変わりません。

 --演じる中で意識していることは?

 時間帯によって姿が変わる、さらにその中でも細かい差があります。命を燃やすべき時はいつか。太陽は何も教えてはくれません。ならば、御して輝くのみ。

 --長きにわたって演じる中で変化はありましたか?

 〈七つの大罪〉でよかった。皆に出会えて、そしてあの人を好きになってよかった。変わらぬ想いが、強くなっていきました。

 ◇キャストは信頼のおけるすてきな仲間

 --声優陣のチームワークはいかがですか?

 イベントのノリには驚きましたが、信頼のおけるすてきな仲間です。自分がいるのが不思議なくらいです。

 ー-「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦はありますか?

 ないといえばないですし、あるといえば無限にあります。それを決めるなんておこがましい。

 --最終章の見どころを教えてください。

 それを決めて尊べるのが視聴者の特権です。私が決めることではありません。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る