映画興行成績:「シン・エヴァンゲリオン劇場版」V3 シリーズ最高興収60億円突破 「モンスターハンター」「騙し絵の牙」「ガルパン」も

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のビジュアル(C)カラー
1 / 1
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のビジュアル(C)カラー

 3月29日に発表された27、28日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの劇場版新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(庵野秀明総監督)が3週連続で首位を獲得した。土日2日間で約33万人を動員し、興行収入は約5億2800万円を記録。累計では、動員396万人、興行収入60億7000万円を突破し、最終興行収入53億円を記録した前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を超え、シリーズ最高記録を更新している。

 初登場作品では、人気ゲームを実写化した「モンスターハンター」(ポール・W・S・アンダーソン監督)が2位にランクインした。土日2日間で動員約16万2000人、興行収入約2億5600万円を記録。3月26日の公開初日から3日間の累計では、動員約23万人、興行収入約3億6000万円を記録する好スタートを切った。俳優の大泉洋さん主演の「騙(だま)し絵の牙」(吉田大八監督)は、土日2日間で動員約8万8000人、興行収入約1億2000万円を記録し、4位に初登場。ほかにも、人気アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」の最終章第3話が6位にランクインした。

 公開24週目を迎えた劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)は、前週の7位から3位に再浮上した。土日2日間で約11万2000人を動員し、興行収入は約1億7000万円を記録。累計では、動員2830万人、興行収入390億円を突破し、興行収入400億円突破に迫っている。

 1位 シン・エヴァンゲリオン劇場版
 2位 モンスターハンター
 3位 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
 4位 騙し絵の牙
 5位 奥様は、取り扱い注意
 6位 ガールズ&パンツァー 最終章 第3話
 7位 トムとジェリー
 8位 映画ヒーリングっど プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!
 9位 花束みたいな恋をした
 10位 ブレイブ -群青戦記-

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る