倉科カナ:「七つの大罪」で劇場版アニメ声優初挑戦 女神族の最高神に 魔神役に川島明、井上裕介

劇場版アニメ「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」に声優として出演する(上段左から)川島明さん、倉科カナさん、井上裕介さん(C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会
1 / 2
劇場版アニメ「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」に声優として出演する(上段左から)川島明さん、倉科カナさん、井上裕介さん(C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

 鈴木央(なかば)さんの人気マンガが原作のアニメ「七つの大罪」の新作劇場版「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」(浜名孝行監督、7月2日公開)で女優の倉科カナさんがゲスト声優を務めることが3月31日、分かった。倉科さんが劇場版アニメで声優を務めるのは初めてで、女神族を率いる最高神を演じる。最高神は謎に包まれた存在で、主人公・メリオダスに“永遠の生”の呪いをかけた張本人であり、ヒロイン・エリザベスの母。倉科さんは「『七つの大罪』はアニメもマンガも拝見していて、まさか自分がその世界に入ることができるなんて夢のようで、お話をいただいた時、年がいもなくとびはねて喜びました!!」と出演の喜びを語っている。

 お笑いコンビ「麒麟」の川島明さん、「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介さんがゲスト声優として出演することも発表された。川島さん、井上さんは、十戒の一人でありメリオダスの弟・ゼルドリスに仕える魔神を演じる。川島さん、井上さんの出演を受け、原作の鈴木さんが描き下ろした魔神のビジュアルも公開された。

 「七つの大罪」は、「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載。かつて王国転覆を謀ったとされる伝説の逆賊・七つの大罪の戦いが描かれた。同作の“正統続編”となる「黙示録の四騎士」の連載が、1月に同誌でスタートしたことも話題となっている。

 テレビアニメ第1期が2014年10月~2015年3月、「聖戦の予兆」が2016年8~9月、「戒めの復活」が2018年1~6月、「神々の逆鱗」が2019年10月~2020年3月に放送。2018年8月には初の劇場版「天空の囚われ人」も公開された。テレビアニメの最終章「七つの大罪 憤怒の審判」が、テレビ東京系で毎週水曜午後5時55分から放送中。

 新作劇場版は、鈴木さん描き下ろしの完全新作ストーリーで、放送中のテレビアニメの最終章「七つの大罪 憤怒の審判」の“その先”が描かれる。「図書館戦争」「魔法少女リリカルなのは Detonation」などの浜名さんが監督を務め、池田臨太郎さんが脚本を担当する。テレビアニメに引き続きスタジオディーンが制作する。

 ◇倉科カナさんのコメント

 「七つの大罪」はアニメもマンガも拝見していて、まさか自分がその世界に入ることができるなんて夢のようで、お話をいただいた時、年がいもなくとびはねて喜びました!! オファーいただいた時は、ただただうれしかったのですが、時間がたつにつれプレッシャーに襲われています。そうそうたる声優さんたちの中に入るのですから、世界観を崩さぬよう気を引き締めてアフレコに参加させていただきたいと思います!

 ◇川島明さんのコメント

 大好きな作品に自分の声が関われると知ってこれ以上ない幸福感に包まれております。アフレコ収録の際はメリオダスやホークの顔を思い浮かべながら七つののどアメを食べて挑みたいと思います。同じゲスト声優のNON STYLE井上君ともどもよろしくお願いいたします!

 ◇井上裕介さんのコメント

 まさか! まさか! 大好きなアニメの声をやらせていただけるなんて、光栄すぎる。そして、芸能界に入った時の夢の一つが、アニメの吹き替えをすることでした。夢をかなえてくれた「七つの大罪」に感謝しかない!! メリオダスとエリザベスの邪魔だけしないように頑張ります。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る