スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました:新ビジュアルにアズサ、ベルゼブブ、ペコラ “なろう系”ラノベが原作のテレビアニメ

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」のビジュアル(C)森田季節・SBクリエイティブ/高原の魔女の家
1 / 1
「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」のビジュアル(C)森田季節・SBクリエイティブ/高原の魔女の家

 小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」のキービジュアル第6弾が4月3日、公開された。主人公のアズサ、上級魔族のベルゼブブ、魔族の国の王のペコラが描かれている。

 「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」は、森田季節さんのライトノベル。2017年に、GAノベル(SBクリエイティブ)で書籍化され、シバユウスケさん作画のコミカライズが、ウェブマンガサイト「ガンガンONLINE」(スクウェア・エニックス)で連載されている。働き過ぎが原因で過労死した会社員の相沢梓が、不老不死の魔女アズサとして異世界に転生し、スローライフを送る姿が描かれる。スライムを倒して小銭を稼ぎながら暮らしていたアズサは、300年後、スライムを倒し続けた経験値で、レベルマックス(世界最強)になる。

 アニメは、「つり球」「ガッチャマンクラウズ インサイト」などに参加してきた木村延景さんが監督を務め、「バビロン」などのREVOROOTが制作する。TOKYO MX・BS11ほかで4月10日から放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る