カッコウの許嫁:「マガジン」人気ラブコメがテレビアニメ化 2022年放送 石川界人が海野凪に 天野エリカは鬼頭明里

「カッコウの許嫁」の第1弾ビジュアル
1 / 3
「カッコウの許嫁」の第1弾ビジュアル

 「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の吉河美希さんのラブコメディーマンガ「カッコウの許嫁(いいなずけ)」がテレビアニメ化され、2022年に放送されることが4月6日、明らかになった。石川界人さんが優等生の海野凪、鬼頭明里さんがセレブのお嬢様の天野エリカをそれぞれ演じる。「からかい上手の高木さん」などの赤城博昭さんが総監督を務め、シンエイ動画、SynergySPが制作する。海野凪、天野エリカが描かれた第1弾ビジュアル、第1弾PVも公開された。 

 石川さんは「個人的にラブコメが大好きで『カッコウの許嫁』も、読んでいた作品なのでとてもうれしいです。今一度読み返してキュンキュンしながらも作品にかける思いも高めていきたいと思います」とコメント。

 鬼頭さんは「容姿端麗で明るくてカリスマ性のあるエリカは、原作マンガを読んでいても本当に可愛らしい子だな!と思っていました。そんなエリカをアニメでより魅力的に感じていただけるように、少しでも力添えできたらと思いますのでよろしくお願いします!」と意気込んでいる。

 原作者の吉河さんは「読んでくださった皆様のおかげで私の手元を巣立ちアニメ化となりました! すてきなスタッフさんの元で『カッコウの許嫁』がさらに大きく羽ばたくことを祈っております!! お楽しみに!!」と話している。

 「カッコウの許嫁」は、「ヤンキー君とメガネちゃん」「山田くんと7人の魔女」などで知られる吉河さんのマンガ。赤ちゃんのころに取り違えられ、今は名門私立校に通う高校2年の海野凪が、これから婚約者に会いにいくという超お嬢様女子高生・天野エリカと偶然出会い、恋人のフリをしてくれと強引に頼まれてしまう。実は、エリカは凪と取り違えられた子供で、凪はエリカの婚約者だった……というストーリー。2020年1月に「週刊少年マガジン」で連載をスタートした。コミックスが第15巻まで発売されており、最新16巻が4月16日に発売される。

 ◇スタッフ(敬称略)

 総監督:赤城博昭▽監督:白幡良志之▽シリーズ構成:中西やすひろ▽キャラクターデザイン:高野綾▽アニメーション制作:シンエイ動画、SynergySP

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事