内田有紀:美背中ドレスで登場 サディスティックな部分「自分にもあるんだな」

「連続ドラマW 華麗なる一族」の会見に登場した内田有紀さん
1 / 12
「連続ドラマW 華麗なる一族」の会見に登場した内田有紀さん

 女優の内田有紀さんが4月6日、東京都内で行われた俳優の中井貴一さんが主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 華麗なる一族」(WOWOWプライム、日曜午後10時)の会見に出席した。万俵家の家庭教師兼女執事で、万俵大介(中井さん)を手なずける愛人の高須相子を演じた内田さんは美しい背中をあらわにしたドレス姿で登場。「ダークサイドな部分を担っていました。闇の部分やサディスティックな部分が自分にもあるんだなって感じました」と振り返った。

 ドラマは山崎豊子さんの同名人気小説(新潮文庫)が原作。これまで何度も映像化されてきた。内田さんは相子をオファーされた当時について「これまでそうそうたる先輩方が演じてきた高須相子という女性を私が演じるなんて夢にも思っていませんでした。皆さんに助けていただきながら大役を務めさせていただきました」とコメント。撮影については「前日は半べそをかいていました」と、常にプレッシャーを感じていたと明かしつつ「一つ一つ丁寧に演じさせていただきました」と語った。

 会見には、内田さんのほか、中井さん、向井理さん、「Kis-My-Ft2」の藤ヶ谷太輔さん、麻生祐未さん、吉岡里帆さん、松本穂香さん、要潤さん、美村里江さん、笹本玲奈さん、福本莉子さん、脚本の前川洋一さん、西浦正記監督、プロデューサーの青木泰憲さんも出席した。

 ドラマはWOWOWの開局30周年記念番組の一つとして制作。大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥(けいばつ)を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊を全12話で描く。

 「連続ドラマW 華麗なる一族」は4月18日スタート。第1話は無料放送。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画