機界戦隊ゼンカイジャー:“謎の青年ステイシー”世古口凌がレギュラー出演 正体は敵幹部の息子 ステイシーザーに変身

「機界戦隊ゼンカイジャー」に登場する世古口凌さん演じるステイシー(左)とステイシーザー(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
1 / 2
「機界戦隊ゼンカイジャー」に登場する世古口凌さん演じるステイシー(左)とステイシーザー(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 俳優の世古口凌さんが、スーパー戦隊シリーズ「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)に、ゼンカイジャーの敵・ステイシー役でレギュラー出演することが4月11日、明らかになった。今作では、駒木根葵汰さん、榊原郁恵さんに続く“俳優が演じる”3人目のレギュラーキャストとなる。

 ステイシーは、11日放送の第6カイ「不快不可解ゴミあつかい!」に謎の青年として登場した。その正体は、悪の王朝トジテンドに属する敵幹部・バラシタラの息子で、「ステイシーザー」に変身し、ゼンカイジャーとバトルを繰り広げる。一見、人間のように見えるステイシーがなぜ機械生命体のバラシタラと血縁関係にあるのかは謎に包まれている。また、その能力は「スーパー戦隊シリーズのファンを沸かせること必至」のものだといい、この度、能力のヒントだという歴代のスーパー戦隊シリーズのロボットが集結した場面カットも公開された。

 世古口さんは「スーパー戦隊シリーズのオーディションへの熱い思いは誰よりもありました。でもそれが空回りし、最終審査でうまくできなくて帰り道に悔し涙した記憶があるので、出演が決まった時は、うれし涙がポロポロこぼれ落ちましたね(笑い)」とコメント。

 役どころについて、「ステイシーは外側から見るとプライドが高くて人との距離間をしっかりとる、とっつきにくい青年なんです。でも演じていて分かってきたのは、彼なりの正義感や目的があって、そのために一生懸命だということ。もちろん目的のためなら手段は選びませんが……(笑い)。孤独とは、強さとは何なんだろうと考えさせられます。父のバラシタラとの関係性や、(主人公の)介人たちと交わることによってステイシーがどう変化していくのかが、今後すごく楽しみしているポイントです!」と語った。

 続けて、「役者・世古口凌としても、もっと表現の幅を広げていろんなステイシーを視聴者の方々にお見せできるよう、成長を感じられる期間にしていきたいです」「歴史あるスーパー戦隊シリーズ、記念すべき45作目の『機界戦隊ゼンカイジャー』を全力で盛り上げたいので、皆さんの力を貸していただけるととてもうれしいです。そしてこれから、ステイシーをどうぞよろしくお願いします!」と意気込んだ。

 4月18日放送の第7カイ「魔界の王子は気がみじかい!」では、ステイシーがゼンカイザーたちを翻弄(ほんろう)するストーリーが展開する。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る