筧美和子:ピアノ講師役で「孤狼の血 LEVEL2」出演へ 「激しく、刺激的な現場を経験」 

映画「孤狼の血 LEVEL2」に出演するキャストの顔ぶれ (C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会
1 / 2
映画「孤狼の血 LEVEL2」に出演するキャストの顔ぶれ (C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

 女優の筧美和子さんが、松坂桃李さん主演の映画「孤狼の血 LEVEL2」(白石和彌監督、8月20日公開)に出演することが4月12日、分かった。ピアノ教室の講師・神原千晶を演じる筧さんは、「元々白石監督の作品が大好きで、中でも『孤狼の血』は衝撃的な作品でした」と明かし、「続編のオファーをいただいて、最初は驚きました。うれしさと不安がどちらもありましたが、とても激しく、刺激的な現場を経験させていただきました」とコメントを寄せた。

 渋川清彦さん、毎熊克哉さん、青柳翔さん、三宅弘城さん、宮崎美子さん、寺島進さん、宇梶剛士さん、かたせ梨乃さんが出演することも併せて発表された。

 渋川さんは暴力団・尾谷組の組長代行の天木幸男、毎熊さんは暴力団・五十子会上林組の舎弟頭の佐伯昌利、青柳さんは刑務官の神原憲一、三宅さんは捜査1課刑事の中神悟、宮崎さんは中村梅雀さん演じる刑事・瀬島孝之の妻の百合子、寺島さんは五十子会の2代目会長・角谷洋二、宇梶さんは暴力団・広島仁正会の理事長の溝口明、かたせさんは、かつて五十子会の会長を務めた五十子正平(石橋蓮司さん)の妻の環をそれぞれ演じる。

 映画の特報映像も公開された。特報映像には、「禁断の衝撃作」という文字が躍り、松坂さん演じる主人公・日岡が発砲する姿や、男性の口の中に拳銃を突っ込む様子、鈴木亮平さん演じる“悪魔の男”・上林が何者かの首を掴みながら叫んでいるシーンなどが収められている。

 「孤狼の血」は、柚月裕子さんの同名小説シリーズ(角川文庫/KADOKAWA)が原作。前作は、昭和63(1988)年、暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、一流大学卒の新人刑事・日岡秀一(松坂さん)が、暴力団との癒着がうわさされる刑事・大上章吾(役所広司さん)と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当するうち、暴力団と警察組織を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦に巻き込まれていく……という展開だった。

 続編は、原作では描かれていない完全オリジナルストーリーで、前作から3年後が舞台。広島の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ日岡は権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた。しかし、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく……というストーリー。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る