科学漫画サバイバル:劇場版アニメ第2弾「深海のサバイバル!」8月13日公開 ジオ役の松田颯水、潘めぐみ、石田彰続投

「科学漫画サバイバル」シリーズの劇場版アニメ第2弾「深海のサバイバル!」のティザービジュアル(C)Gomdori co., Han Hyun-Dong/Mirae N/Jeong Jun-Gyu/Ludens Media/朝日新聞出版 (C)2021東映まんがまつり製作委員会
1 / 1
「科学漫画サバイバル」シリーズの劇場版アニメ第2弾「深海のサバイバル!」のティザービジュアル(C)Gomdori co., Han Hyun-Dong/Mirae N/Jeong Jun-Gyu/Ludens Media/朝日新聞出版 (C)2021東映まんがまつり製作委員会

 韓国発の人気学習マンガ「科学漫画サバイバル」シリーズが原作の劇場版アニメ第2弾として「深海のサバイバル!」が制作され、8月13日に公開されることが明らかになった。劇場版アニメ第2弾は、シリーズの中で最多累計発行部数の「深海のサバイバル」が原作。深海を舞台に、サバイバルの達人の主人公・ジオと仲間たちがさまざまな困難に立ち向かう。深海調査の監修には、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究者らが参加する。

 ジオや少女ピピ、ケイ、コン博士らメインキャラクターが描かれたティザービジュアルも公開された。劇場版第1弾「人体のサバイバル!」に続き、松田颯水さんがジオ役、潘めぐみさんがピピ役、石田彰さんがケイ役を続投する。

 松田さんは「なんと! 再び! ジオ君と映画館でサバイバルできる日がきます! うわぁぁぁ! 大・感・激!!! 今年は体内を飛び出して、深海に飛び込みます! ひんやり冷たくて不思議だらけな深海では……どんな出会いが待っているんでしょうか……ドキドキ、ゾワゾワ、ワクワクしながら!夏休み一緒にサバイバル致しましょう!」とコメントを寄せている。

 「科学漫画サバイバル」シリーズは、累計発行部数が日本で約1000万部、世界で約3000万部を誇る、韓国発の人気学習マンガ。主人公ジオや仲間たちがピンチに立ち向かう姿を描きつつ、科学についての解説をする。劇場版アニメ第1弾「人体のサバイバル!」が2020年に公開された。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:入好さとる▽脚本:村山功▽監修:国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)▽制作:東映アニメーション、ぎゃろっぷ

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る