トミカ:「アドバンスプロジェクト」始動 NFCチップ搭載のスーパースピードトミカ サーキットを走る

「トミカ」の新プロジェクト「トミカ アドバンスプロジェクト」の「スーパースピードトミカ」のイメージ(C)TOMY
1 / 18
「トミカ」の新プロジェクト「トミカ アドバンスプロジェクト」の「スーパースピードトミカ」のイメージ(C)TOMY

 2020年に50周年を迎えたミニカーブランド「トミカ」(タカラトミー)の新プロジェクト「トミカ アドバンスプロジェクト」が始動したことが分かった。「テクノロジー×エンターテインメント」をテーマに商品を展開していく。

 第1弾商品として、トミカでは初めてNFCチップを搭載し、専用アプリと走行データが連動する「スーパースピードトミカ」(1320円)が6月19日に発売される。トヨタのGRスープラ、日産のGT-R、ホンダのシビック TYPE R、スバルのWRX STIをラインアップする。

 スーパースピードトミカでレースを楽しめる「トミカスピードウェイ実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(1万2100円)も登場。スーパースピードトミカがサーキットを駆け抜ける。専用アプリと連動し、レースとリンクした音声や映像の演出が楽しめるほか、走行記録がデータとして記録される。レースバトル、ラップタイムチャレンジなどの複数のモードを搭載し、バトルを楽しめるほか、一人でも遊ぶことができる。

 アプリでは、スーパースピードトミカと同じデザインのマシンのCGが再生される。1983年発売にダッシュボード型カーレースゲーム「ドライビングターボ」を再現したミニゲームもプレーできる。

 ランボルギーニがデザインした「ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ トミカ50周年記念仕様 designed by Automobili Lamborghini」(880円)が6月19日に発売されることも発表された。

写真を見る全 18 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る