カムカムエヴリバディ:“筋肉体操”村雨辰剛、武井壮が朝ドラ初出演 新キャスト9人発表

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」への出演が決まった村雨辰剛さん
1 / 9
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」への出演が決まった村雨辰剛さん

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんがヒロインを務める2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」の「岡山編」に、同局の人気番組「みんなで筋肉体操」(総合、日曜午前8時半)の“筋肉アシスタント”で知られる庭師の村雨辰剛さん、タレントの武井壮さんが出演することが4月20日、分かった。村雨さん、武井さんはいずれも朝ドラに出演するのは初めて。

 村雨さんは米軍将校のロバート・ローズウッド、武井さんは海軍主計中佐の神田猛(たけし)を演じる。村雨さん、武井さんのほか、世良公則さん、前野朋哉さん、紺野まひるさん、堀部圭亮さん、徳井優さん、若井みどりさん、西川かの子さんが「岡山編」に出演することも発表された。

 「カムカムエヴリバディ」は、「ちりとてちん」を手がけた藤本有紀さんが、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナル。朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは安子役、深津さんはるい役、川栄さんはひなた役として、母から娘へとバトンをつなぐ。

 今回は安子を取り巻く「岡山編」のキャストが発表。世良さんは喫茶店「Dippermouth Blues」のマスター・柳沢定一、前野さんは定一の息子・柳沢健一を演じる。紺野さんは安子が大阪で出会う主婦・小川澄子、堀部さんは荒物屋「あかにし」の店主・赤螺吉兵衛(あかにし・きちべえ)、徳井さんは借金取り・こわもての田中、若井さんは「雉真(きじま)繊維」の長男・雉真稔(松村北斗さん)が下宿する「おぐら荘」の大家・小椋くま、西川さんは雉真家の女中・村野タミを演じる。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る