DJ KOO:清掃バイト時代に小室哲哉と出会う 「やすとものいたって真剣です」で成功の秘訣明かす

6月10日放送の「やすとものいたって真剣です」に出演するDJ KOOさん(左)と武井壮さん=ABC提供
1 / 1
6月10日放送の「やすとものいたって真剣です」に出演するDJ KOOさん(左)と武井壮さん=ABC提供

 音楽ユニット「TRF」のDJ KOOさんとタレントの武井壮さんが、6月10日放送のバラエティー番組「やすとものいたって真剣です」(ABC、木曜午後11時17分)にゲスト出演。2人の半生を振り返り、成功の秘訣を探る。

 TRFのメンバーとして活躍し、今ではバラエティーに引っ張りだこのDJ KOOさん。20代の頃はDJ業界でキャリアを積んでいたが、ディスコの衰退とともに仕事が減り、清掃業のアルバイトをしていた。そんな状況で30歳になり、これからを考えたときに出会ったのが小室哲哉さんだった。「この人について行きたい」と思ったDJ KOOさんが、当時の小室さんを振り返る。また、ヒップポップユニット「Creepy Nuts」がVTR出演し、DJ KOOさんについて語る。

 一方、30歳で芸能界に入り、39歳で“百獣の王”キャラでブレイクした武井さん。幼少期に両親が離婚し、兄と2人暮らしをしていたという。大学3年生で10種競技を始め、スポーツの世界で活躍していた武井さんが芸能界を目指したのは、若くして亡くなった兄の夢が芸能人だったから、と明かす。お笑いコンビ「シャンプーハット」のてつじさんがVTR出演し、武井さんを分析する。

テレビ 最新記事