乃木坂46山下美月:「着飾る恋には理由があって」で“低温女子”役 「可愛い」と話題に

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんが主演を務め、俳優の横浜流星さんも出演する連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が4月20日に放送された。川口さん演じる真柴くるみが勤める会社の後輩で、“低温女子”の茅野七海(かやの・ななみ)を演じる「乃木坂46」の山下美月さんについて、視聴者からは「山下美月ちゃんがかわいい……」「演技が自然でホントにすてきな女優さん」などの声が上がった。

 ドラマは、価値観の異なる人々が一つ屋根の下で恋を繰り広げる“うちキュン”ラブストーリー。山下さん演じる七海は、しっかり者で、文章力が高く公式文書を書くのが得意な、インテリアメーカー「el Arco Iris(エル・アルコ・イリス)」の広報課社員。仕事のできる先輩を見て、勝手に自信喪失する後ろ向き女子だが、そんな素振りはおくびにも出さないという役どころ。第1話では、真柴の良き後輩として、真柴をサポートする七海の姿が描かれた。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#着飾る恋には理由があって」が世界トレンド1位になるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNSでは、「『着飾る恋』の山下美月ちゃん可愛かった」「アイドルしてるときも、女優してる時もグッと引き込まれる魅力がある」「美月の目の演技、素晴らしかった」などのコメントが並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る