ドラゴンクエスト ダイの大冒険:ダイVSハドラー! アバンとキルバーンの対峙 拳光らすヒュンケルも コミックス新装彩録版カバー

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のコミックスの新装彩録版の第16~20巻のカバー(C)三条陸、稲田浩司/集英社 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.
1 / 5
「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のコミックスの新装彩録版の第16~20巻のカバー(C)三条陸、稲田浩司/集英社 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」のコミックスの新装彩録版の第18~20巻のカバーイラストが4月23日、公開された。作画担当の稲田浩司さんが新装彩録版全25巻のカバーを新たに描き下ろすことも話題で、第18~20巻は、ダイとハドラーの戦いや、アバン、ヒュンケルが描かれた。4月30日発売。

 4月2日に発売された第16~17巻、4月30日発売の第18~20巻は、第4章「大魔宮(バーンパレス)編」が収録される。第18巻のカバーは、フルパワーで向き合うダイとハドラーの熱気あふれる姿が描かれた。第19巻は、アバンとキルバーンの対峙(たいじ)、第20巻は、拳を光らせるヒュンケルとハドラー親衛騎団の兵士(ポーン)のヒムの戦いが描かれている。第20巻の巻末に収録されるカラーイラストギャラリーの一部も公開された。

 新装彩録版は、コミックスの各巻をバトルの決着などの節目で区切り直した全25巻。「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載時のカラーページも再現して収録する。各巻のカバーイラストは絵巻のようにつながるデザインとなっている。

 「ダイの大冒険」は、三条陸さんが原作、稲田さんが作画を担当し、堀井雄二さんが監修。少年・ダイが、魔法使いのポップたちと魔王を倒すために冒険する姿が描かれた。「週刊少年ジャンプ」で1989~96年に連載され、1991~92年にテレビアニメが放送された。新作テレビアニメが、テレビ東京系で毎週土曜午前9時半に放送中。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る