ガールガンレディ:“生徒会長”石井杏奈が「ガールガンファイト」で無双 「ブラストガールガン」の威力も話題に

連続ドラマ「ガールガンレディ」第3話場面カット (C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP
1 / 1
連続ドラマ「ガールガンレディ」第3話場面カット (C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

 女優の白石聖さん主演の連続ドラマ「ガールガンレディ」(MBS・TBS)の第3話「ヴァルキュリアの降臨」が4月20日深夜に放送され、脱出不能のサバイバルゲーム「ガールガンファイト」に新たに参戦した生徒会長の松子(石井杏奈さん)の活躍と、新たな武器「ブラストガールガン」の威力に視聴者の注目が集まった。

 第3話は、水野(井頭愛海さん)がパラレルワールドで撃たれて絶命。現実世界から存在が消えたことを受け、これはゲームではなく人殺しだと思った小春(白石さん)は銃を持つことが怖くなっていた。一方、「ブラボータンゴ」には、水野に代わって松子がプレーヤーとして加わる。

 コマンダー(司令塔)のビアンカ(寺本莉緒さん)を差し置いて、指示を出し始める松子。一方で小春は、「ラスイチ(残りのライフが一つ)」の夏菜(伊藤萌々香さん)を死なせないため、アリス(大原優乃さん)に、より強力な銃である「ブラストガールガン」を取りに行く作戦を提案。さらに各チームの思惑は重なり、熾烈(しれつ)な争奪戦が始まって……。

 松子は「ブラストガールガン」を手に入れると、「チャーリータンゴ」と「デルタタンゴ」のメンバーを次々と撃退。その間に、松子の指示に従い、大竹凛(鈴木ゆうかさん)、梅林葵(染野有来さん)が、小春ら「アルファタンゴ」の陣地も制圧し、「ブラボータンゴ」を勝利に導いた。

 松子の強さにSNSでは「つっよ」「杏奈タソ、つおいっ」「一網打尽やあああああああああああああ」「とりあえずガールガンレディ3話は生徒会長無双回で笑った。強すぎるだろこいつ」といった声も上がった。

 さらに、通常の「アタックガールガン」よりも強力で射程距離もある「ブラストガールガン」も、「ブラストガールガン威力やべぇww」「威力えぐすぎ」「それにしても、ブラストガールガンのインパクトよ…攻撃力も射程もヤバい!!」と話題となった。

 また、松子が戦い方に長(た)けていることから、「デスゲームお決まりの2週目キャラ!?」「生徒会長、GANTZでいう100点プレーヤーか?」などの意見が飛び交った。

 「ガールガンレディ」は、バンダイスピリッツ原案、ADKエモーションズ企画による、オリジナル特撮ドラマ。学校を舞台に、女子高生たちがプラモデルの銃を使って、生き残りを懸けたバトルを繰り広げる。MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜1時28分に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る