乃木坂46久保史緒里:連ドラ初主演でドSな主人公 撮影後も役引きずる「田村真佑ちゃんにSっ気を発揮して」

連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」主演の久保史緒里さん=カンテレ提供
1 / 3
連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」主演の久保史緒里さん=カンテレ提供

 アイドルグループ「乃木坂46」の久保史緒里さんが4月22日、同日深夜からカンテレでスタートする連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」(木曜深夜0時25分、関西ローカル)のリモート会見に出席。今作で、ドSな主人公を演じる久保さんは、「(乃木坂46の)メンバーの先輩からは『Mだ』って言われることが多かったんですが、この撮影が終わって、仲の良い田村真佑ちゃんに対して、Sっ気を発揮している場面があったのかなと思いました(笑い)。まだサキが残っていたのかな」と笑顔で語った。

 ドラマは、“ブラック心理術”を巧みに利用し、相手の心を翻弄(ほんろう)するミステリアスな女・クロノサキにもてあそばれる人々をブラックユーモア満載に描くサスペンス作品。「他人を支配する黒すぎる心理術」(マルコ社)を参考にしたオリジナルストーリーが展開される。久保さんは巧みに他人を操る、ドSで毒舌な謎の女・クロノサキを演じる。

 今作で連ドラ初主演を果たした久保さんは「撮影に入る前に、お世話になっている人から『ドラマを通して顔つきががらりと変わるよ』と言われていました。撮影後、久々にメンバーから大人っぽくなったと言われました。外見でも変化があって、うれしかったです」と振り返っていた。

 また、ドSな役柄を演じたことついて「そういう役はやったことがなかったですし、普段の私は自分のペースで生きているタイプなので、自分でもどんな感じになるのかなと思いました」と不安があったことを吐露。監督から「初日に『思っていたより、下を見ていますね』と指摘され、普段から下を見るのが癖になっていたので、それを取り外す作業で悩みました」と明かしていた。

 ドラマはカンテレのほか、BSフジで5月1日から毎週土曜深夜0時半に放送される。全8話。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る