少年忍者・深田竜生:「日曜劇場」初出演「うれしさと驚きで鳥肌が」 「ドラゴン桜」で“東大専科”加藤清史郎の優秀な弟役

4月25日スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」に出演する少年忍者の深田竜生さん(C)TBS
1 / 1
4月25日スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」に出演する少年忍者の深田竜生さん(C)TBS

 ジャニーズJr.の人気グループ「少年忍者」の深田竜生さんが、俳優の阿部寛さん主演でTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「ドラゴン桜」に出演することが4月24日、分かった。深田さんが、同枠を含む同局の連続ドラマに出演するのは初めて。

 深田さんは、東大クラス“東大専科”の生徒・天野晃一郎(加藤清史郎さん)の弟、裕太を演じる。晃一郎は優秀な裕太と比較され続け劣等感が染みついている男、一方の裕太は偏差値の低い学校に通う兄を疎ましく思い、兄に強気な態度を見せるという役どころ。

 深田さんは、ドラマの出演が決まった時について「うれしさと驚きで鳥肌が止まりませんでした」と振り返っている。裕太を演じることには「出来の悪い兄を持つとても優秀な弟役で、実際の自分とはギャップがあるので天野裕太に近づけるように精いっぱい頑張ります」と意気込んでいる。さらに、「歴史のある日曜劇場に出演させていただくにあたり、とても緊張しておりますが全力で演じますのでぜひ皆様ご覧ください」とアピールしている。

 深田さんのほか、大幡しえりさん、駿河太郎さん、馬渕英里何さんも出演する。大幡さんは“東大専科”の生徒・瀬戸輝(「King & Prince」の高橋海人さん)の姉・玲、駿河さんと馬渕さんは“東大専科”の生徒・岩崎楓(平手友梨奈さん)の父・明人と母・裕子をそれぞれ演じる。

 「ドラゴン桜」は、三田紀房さんの同名マンガが原作。前作では、元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部さん)が生徒と共に倒産寸前・低偏差値の私立龍山高校を超進学校に生まれ変わらせようと奮闘する姿を描いた。続編は2018年からマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の三田さんの「ドラゴン桜2」が原作で、ドラマオリジナルストーリーも展開される。4月25日スタート。初回は25分拡大で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る