プラチナエンド:茅野愛衣が1級天使のバレに 神候補の六階堂七斗役に森川智之 テレビアニメ追加キャスト

「プラチナエンド」に登場するバレのビジュアル(C)大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会
1 / 6
「プラチナエンド」に登場するバレのビジュアル(C)大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会

 「DEATH NOTE」「バクマン。」などの大場つぐみさんと小畑健さんのコンビによるマンガが原作のテレビアニメ「プラチナエンド」に声優として茅野愛衣さん、森川智之さんが出演することが4月26日、分かった。茅野さんが1級天使のバレ、森川さんがバレに選ばれた神候補の一人で、末期がんを患う六階堂七斗をそれぞれ演じる。

 茅野さんは、「バレ役に決まりましたと連絡をいただいてから、原作をドキドキしながら読み進めております……。登場人物たちそれぞれの葛藤が深く描かれていて、すぐに物語に入り込んでしまいました。アニメでは一体この世界がどのように描かれるのか、今から楽しみです。バレとして六階堂さんに寄り添い、大切に演じていきたいと思います」とコメントを寄せている。

 森川さんは自身が演じる六階堂七斗について「神候補の一人でもある彼は、重い足かせを持った人物です。自身を取り巻く複雑な設定と世界観は魅力的で、とても演じがいのあるキャラクターだなと思っております」と印象を語り、「ファンの皆さんに『プラチナエンド』の魅力を最大限に表現できたらいいなと思います」と話している。

 「プラチナエンド」は、2015~21年に「ジャンプSQ.(スクエア)」(集英社)で連載された。天使、神、翼、矢がキーワードのダークファンタジーで、家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでもつらい日々を送っていた架橋明日が全てに絶望し、中学校を卒業した日にビルの屋上から身を投げるが、そこで一羽の天使と出会う……というストーリー。

 アニメは、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」などの高橋秀弥さんが監督を務め、「ノーゲーム・ノーライフ」などの大舘康二さんがキャラクターデザイン、「ハヤテのごとく!」などの猪爪慎一さんがシリーズ構成・脚本を担当する。劇場版アニメ「ひるね姫~知らないワタシの物語~」などのシグナル・エムディが制作する。入野自由さんが主人公・架橋明日、小倉唯さんが特級天使のナッセを演じる。今秋にTBSほかでスタート。

 ◇キャスト(敬称略)

 架橋明日:入野自由▽ナッセ:小倉唯▽花籠咲:M・A・O▽ルベル:花江夏樹▽六階堂七斗:森川智之▽バレ:茅野愛衣

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る