小西克幸:「七つの大罪」ドレファス役 最終章への思い 彼らが何を選んでどう進んでいくのか…

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する小西克幸さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する小西克幸さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。元・二大聖騎士長ドレファス役の小西克幸さんに作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇想いや絆でつながっている

 --作品、キャラクターの魅力は?

 どんな身分でも存在でも、想(おも)いや絆でつながっている、そして前に進んでいくキャラクターたちはカッコいいですよね。

 --長きにわたって演じる中で変化は?

 変化といいますか、元々体を乗っ取られていましたので、そこからはかなり大きく変わりました。ようやく彼本来の人間性が出てきたのではないでしょうか。これからもいろいろなものを背負って生きていくんだと思います。

 --声優陣のチームワークは?

 このご時世なので中々、ほかのキャストの方には会えないのですが、チームワークはよいと思いますよ。

 --最終章の見どころは?

 いろいろな出来事があり、多くのキャラクターが出てきました。彼らが何を選んでどう進んでいくのかを楽しみにしていただければ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る