機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ:小野賢章&上田麗奈 悩み、葛藤も 繊細な感情を表現

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に出演する小野賢章さん(左)と上田麗奈さん
1 / 2
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に出演する小野賢章さん(左)と上田麗奈さん

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督)が5月21日に公開される。1989~90年に富野由悠季さんが発表した小説が約30年の時を経て、アニメ化される。1988年公開の「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(富野由悠季総監督)の第二次ネオ・ジオン戦争で苦い別離を経験したハサウェイ・ノアが、新型モビルスーツ・Ξ(クスィー)ガンダムを駆り、地球連邦政府に反旗を翻す姿を描く。ハサウェイ役の小野賢章さん、ハサウェイらを翻弄(ほんろう)する謎の美少女ギギ・アンダルシア役の上田麗奈さん、地球連邦軍大佐のケネス・スレッグ役の諏訪部順一さんら豪華キャストが出演することも話題になっている。繊細な感情、複雑な人間関係を描いた同作のアフレコについて、小野さん、上田さんに聞いた。 

 ◇大作へのプレッシャー

 --出演が決まった感想は?

 小野さん 以前「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に参加させていただきましたが、モビルスーツに乗るわけではなく、コロニーの住人だったので、今回ガンダムのパイロットになれることがうれしかったです。ただ、押し寄せてくるプレッシャーが大きかったですね。

 上田さん 長きにわたってたくさんの人に愛されているシリーズに携わることがプレッシャーでしたし、最初は怖いなあ……という気持ちがありました。ギギは私が初めて演じるキャラクターではありません。こういう声かな?とイメージもある状態なので、自分なりのギギを構築して、向き合うにはどうしたらいいのか? 何とかしなきゃ!と悩み、葛藤もありました。

 --キャラクターの印象は?

 小野さん デザインを見た印象は爽やかな好青年だったのですが、台本、小説を読んだり、「逆襲のシャア」からの流れを考えると、ギャップがあるんですよね。心と体がバラバラで、表情と感情も結びついていないような。くせ者ですね。

 上田さん オーディションの時にいただいた原稿やキャラ絵からは、大人っぽい印象を受けました。でもいざ台本を読んでみると、大人っぽいだけではなく、少女のような一面も見えてきて。多面性を感じています。

 ◇ギギが怖い?

 --ハサウェイ、ギギ、ケネス・スレッグの3人を中心としたストーリーですが、ケネス役の諏訪部さんを含めて3人で収録した?

 小野さん 3人で収録させていただきました。事前にキャラクター、背景について収録前に1時間くらい監督たちと話してから収録を始めたんです。普通の会話のように見せるところもあり、そこがすごく難しい。全ての背景、意図をしっかり理解しないと、しっくりこないんです。諏訪部さん、上田さんとは、これまでも共演させていただいたこともありますが、だからといってスマートにいくわけでもなく、時間を掛けて丁寧に作りました。このパターンもある……と試行錯誤をしながら一緒に作りました。ニュアンスが変わると、相手の演技も変わります。一人では無理だったと思います。苦戦しかなかったです。小説では感情を説明していますが、この映画だけを見て、伝えることが難しい。初めて見る人もなんとなく分かるようにと意識しつつ、そこが伝わりすぎても……とバランスが難しかったです。監督を信じて演じていました。

 --ギギは色気、危うさがあるキャラクターです。上田さんの演技の絶妙なバランスが素晴らしく、怖さも感じました。

 上田さん 怖いんです(笑い)。

 小野さん 「飲む?」ってせりふ、あれも怖かったよ。ギギは振り回す役だから大変ですよね。振り回している意識がないのが厄介(笑い)。

 上田さん そうなんですよね。だからこそ魅力的なのかもしれません。悪女の印象もありますが、悪気はないんです。彼女はそうしないと生きていけないでしょうし。掛け合っているけど、言葉通りの意味で話していなかったり、裏に思いがあったりするのが、ギギ、ハサウェイ、ケネスにそれぞれにあって、一緒にしゃべっているけど、しゃべっている感じがしないような……。不思議でしたね。

 --ハサウェイは「逆襲のシャア」にも登場したキャラクターです。その流れを意識した?

 小野さん 「逆襲のシャア」は何度も見ましたが、佐々木望さんが演じられたハサウェイを意識しすぎても……とは考えていました。ハサウェイは年も取っていますし、「閃光のハサウェイ」のハサウェイになるまでいろいろなことがあったので、意識できないとも。全く新しいものを!とは思わなかったのですが、そこまで意識せずに演じました。

 ◇小野賢章ははかない!?

 --小野さんと上田さんはこれまで共演がありますが、お互いの役者としての印象は?

 小野さん 振り切っている印象があります。スイッチの入り方がすごいですよね。一気に集中するんです。僕がこれまで共演させていただいた作品では、センシティブ、繊細な印象がありました。せりふに力があり、こういう風に来るんだ?と予想外なことも多いんです。何度か共演していると、大体こんな感じかな?と予想するのですが、上田さんは予想を上回る。一緒に掛け合いしていて楽しいです。

 上田さん 小野さんは、はかない印象です。

 小野さん はかない!?

 上田さん 私なんかは、マイク前に立ち、緊張して力んでしまう瞬間もあったりするんですけど、小野さんはいつも自然体で。力が抜けているんです。

 小野さん 何か格好いいね(笑い)。ありがとう。

 上田さん 格好いいですよ。そして、だからこそ心地いいんです。いい意味でガツガツしていなくて、常に人間らしいはかなさがあるイメージです。

 ー-「閃光のハサウェイ」は3部作です。今後の意気込みを教えてください。

 小野さん 兎にも角にも、今回が無事に公開されないと、僕の気持ちも次に進めないところもあります。まずは第1部が無事に公開されることがうれしいです。まだ台本があがっていないので、この先のお話も楽しみです。今後、より深く、濃くなっていくので、どんどんキャラクターを深掘りしていきたいです。

 上田さん 「閃光のハサウェイ」は1週間の出来事を描いています。第1部での“出会い”をへて、物語はどんどん濃く深いものになっていくはずなので、1週間という短い時間を濃密に感じていただけるよう、今後も頑張りたいです。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る