ネメシス:第5話視聴率7.8% 不可解な転落死事件が発生 命を狙われた櫻井翔の行方は?

連続ドラマ「ネメシス」第5話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ネメシス」第5話のワンシーン=日本テレビ提供

 広瀬すずさんと櫻井翔さんダブル主演の連続ドラマ「ネメシス」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第5話が5月9日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 ドラマは、映画監督の片岡翔監督と入江悠監督が脚本を担当するオリジナルストーリー。広瀬さん演じる“天才過ぎる助手”美神アンナと、櫻井さん演じる“ポンコツ探偵”風真尚希の凸凹バディーが、コミカルなやり取りで難事件を解決していく。

 第5話は、アンナが偏愛する謎の料理店「Dr.ハオツー」の店主・リュウ楊一(加藤諒さん)が、探偵事務所「ネメシス」にやって来る。リュウによると、山奥で養殖業を営む天久潮(渡辺哲さん)が、崖から転落死する事件が発生。週刊誌は自殺をほのめかす記事を掲載するが、リュウは潮に自殺する理由が見当たらないという。

 「ネメシス」のCEO・栗田一秋(江口洋介さん)は依頼を快諾。アンナ、風真らと養殖場を訪れると、潮の息子に加え、義弟や後妻の姿が。家族は保険金、土地の利権、相続と、いがみ合ってばかりだった。そんな中、捜査を進める一行をじっと観察し続ける者がいた。そして突如、風真が命を狙われることに……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る