漁港の肉子ちゃん:木村拓哉&工藤静香の長女・Cocomiがフルート演奏披露 メーキング映像公開 サントラ収録曲も

劇場版アニメ「漁港の肉子ちゃん」オリジナル・サウンドトラックのビジュアル
1 / 1
劇場版アニメ「漁港の肉子ちゃん」オリジナル・サウンドトラックのビジュアル

 お笑いタレントの明石家さんまさんが企画、プロデュースを手がける劇場版アニメ「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督、6月11日公開)のメーキング映像が5月11日、公開された。映像では、声優としてアニメに出演する、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女で、モデル、フルート奏者のCocomiさんが、本作で流れる楽曲「ゆっくり家族になっていく」を、リズムに乗りながら軽やかにフルートで演奏する姿が収められている。

 6月9日に発売される本作のオリジナル・サウンドトラックの収録曲も発表された。サントラには、子役の稲垣来泉(くるみ)ちゃんが、歌手の吉田拓郎さんの名曲を歌唱した主題歌「イメージの詩」、ボーカルグループ「GReeeeN」が書き下ろし、さんまさんが題名を付けた楽曲「たけてん」などが収録される。

 Cocomiさんはサントラに収録される「ゆっくり家族になっていく」をはじめ、「肉子ちゃん“おはよう”」「私は決められない」「ささやかな希望、あふれ出る光」にもフルートで参加している。

 本作の劇伴は、2014年公開の劇場版アニメ「思い出のマーニー」などで知られる村松崇継さんが手掛けた。村松さんは、本作の音楽について「肉子ちゃんに寄り添うキクコの思春期の微妙な心情の変化に寄り添う音楽。これは今回の音楽作りの中で、繊細さが要求される部分でしたが、うまく表現することができたと思います」と話し、その成功の裏には「キクコを音楽で表現する楽曲で、キクコを演じるCocomiさんのフルートで楽曲を表現できたことが、大変大きなことでした」とコメントしている。

 Cocomiさんは「今回、オファーをいただいてとてもうれしかったです。曲を聴いてシーンがフラッシュバックするぐらい、音楽と映像がマッチして、心にぐっとくるなと思いました。すごく自分の好みの曲だったので演奏していて楽しかったです」と語っている。

 「漁港の肉子ちゃん」は、直木賞作家の西加奈子さんの小説が原作。漁港の船に住む母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。アニメは「海獣の子供」などの渡辺さんが監督を務め、「鉄コン筋クリート」「海獣の子供」などのSTUDIO4℃が製作する。女優の大竹しのぶさんが肉子ちゃんを演じる。吉岡里帆さん、マツコ・デラックスさん、声優の下野紘さん、花江夏樹さんらも出演する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る