ハニーレモンソーダ:子役出身の吉川愛&濱田龍臣が初共演! 演技力光った“相談シーン”を独占公開

映画「ハニーレモンソーダ」の場面写真 (C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社
1 / 3
映画「ハニーレモンソーダ」の場面写真 (C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

 人気グループ「Snow Man」のラウールさんが主演を務める映画「ハニーレモンソーダ」(神徳幸治監督、7月9日公開)から、吉川愛さんと濱田龍臣さんの場面写真がMANTANWEBで独占公開された。2人は子役出身で、本作が初共演となった。

 映画は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で連載中の村田真優さんの同名マンガが原作のラブストーリー。中学時代に「石」と呼ばれ、いじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川さん)は、レモン色の髪をした三浦界(ラウールさん)と出会う。みんなの人気者で、自由奔放、何を考えているか分からない界だが、なぜか自らを「石森係」と呼び、世話を焼いてくれるという不思議な関係に。2人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があり……というストーリー。濱田さんは界のクラスメイト・高嶺友哉役で出演する。

 今回公開されたのは、界との関係性に悩む羽花が友哉に相談するシーン。界に対する羽花の真剣な思いを知った友哉が、今まで他人に興味がなかった界が羽花にひかれる理由を理解する……という場面だ。

 撮影時、神徳監督は2人に「会話をしなくてもいい。友哉の大きい独り言を羽花に聞かせているような感じにしたい」と指示。子役からキャリアを積んできた吉川さんと濱田さんの演技力が光るシーンとなった。

 吉川さんは、内気で自分の思いをなかなか口に出せない羽花を演じるにあたり、明るい性格の自身と真逆であることから不安を感じることもあったという。しかし、仕草や表情など細部までこだわり、内気な中にも芯の強さを感じられるヒロインへと昇華させた。

 また、濱田さんは、本作が二十歳になって初の現場となった。どこか達観し、ミステリアスな雰囲気を持つ友哉を演じるうえで、「セリフの言い方が難しかったです。大人びた性格だけど、あまり高校生離れしないように意識しました」と、繊細な役作りを明かした。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る