ウルトラマントリガー:「ギンガS」の“ヒヨリ”春川芽生が隊員に GUTSファルコン駆る遠隔操縦のスペシャリスト

「ウルトラマントリガー」のナナセ ヒマリを演じる春川芽生さん(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京
1 / 3
「ウルトラマントリガー」のナナセ ヒマリを演じる春川芽生さん(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

 女優の春川芽生さんが、特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」のエキスパートチーム・GUTS-SELECTの隊員のナナセ ヒマリを演じることが5月13日、分かった。春川さんは、2014年放送の「ウルトラマンギンガS」で、ビクトリアン一派の生き残り・ヒヨリを演じ、主人公・ヒカル、ショウと迫力のアクションを披露したことも話題になった。

 ナナセ ヒマリは、GUTS-SELECTの戦闘メカ・GUTSファルコンを駆る、遠隔操縦のスペシャリスト。メガネが似合うクールビューティーで、いつも冷静沈着なキャラクターだ。GUTSファルコンの操縦席に座りVRゴーグルを装着すると、普段とは真逆の熱い一面を見せる。

 春川さんは「“カメラは自分で止めちゃいけない”と撮影の基本を教わった『ギンガS』。地底から司令室へ、7年ぶりにこの世界に戻ってくることができました!」と話し、「なかなか経験できない操縦席で、超、超、エキサイティングな挑戦をさせていただいてます。ヒーローのかっこよさだけじゃない、時に弱さや、愛らしさも光る登場人物(怪獣)たちがそれぞれの分野でガッチリハマり展開していくストーリーにワクワクできること間違いなしです!! 皆様の期待もファルコンちゃんに乗せていけるよう、精いっぱい取り組みます!」と意気込みを語っている。

 「ウルトラマントリガー」は、1996~97年に放送された「ウルトラマンティガ」の「“真髄”を継ぐもの」として企画。超古代の光の巨人伝説というコンセプトや シリーズ史上初めて描かれたウルトラヒーローのタイプチェンジなど「ティガ」の原点を踏襲し、「令和版ウルトラマンティガ」を目指す。

 3000万年前、闇の力との戦いの末、悠久の眠りについていた光の巨人・ウルトラマントリガーが、光を継ぐ主人公・マナカ ケンゴと一体化し、地球の未来のため再び怪獣災害や闇の力に立ち向かう姿を描く。ボーイズグループ「祭nine.」のリーダー・寺坂頼我さんがマナカ ケンゴを演じる。坂本浩一さんが監督を務める。7月10日から毎週土曜午前9時にテレビ東京系で放送。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る