ウルトラマントリガー:高木勝也がGUTS-SELECTのタツミ セイヤ隊長に 「全パワーを込めてお届けします!」

「ウルトラマントリガー」のタツミ セイヤを演じる高木勝也さん(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京
1 / 1
「ウルトラマントリガー」のタツミ セイヤを演じる高木勝也さん(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

 俳優の高木勝也さんが、特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」のエキスパートチーム・GUTS-SELECTの隊長、タツミ セイヤを演じることが5月20日、分かった。

 タツミ セイヤは、老若男女、地球人、宇宙人を問わず、いかなる者もまとめることができる、厳しさと優しさを兼ね備えた理想的な隊長。対怪獣用戦闘艇・ナースデッセイ号の司令室から陣頭指揮を執る。

 高木さんは「出演決定から1週間は驚きとプレッシャーであまり眠れませんでした。ウルトラマンは正に僕の小さい頃のヒーローそのもので。そんな自分が隊長に。小さい頃、勇気をもらい憧れを抱き、信じる力をくれたヒーローや隊員。今度は僕たちが責任を持って未来のある子供たちやもちろん大人たちにも届ける番だと。記念すべきウルトラマン55周年、ティガ25周年の年に隊長を任せていただけることを心から光栄に思います」とコメント。

 「トリガーは、ティガを愛した僕らの世代もきっと心が動きます。世代を越えて愛される作品になるように全員で全パワーを込めてお届けします! よろしくお願いします!」とメッセージを送った。

 「ウルトラマントリガー」は、1996~97年に放送された「ウルトラマンティガ」の「“真髄”を継ぐもの」として企画。超古代の光の巨人伝説というコンセプトや シリーズ史上初めて描かれたウルトラヒーローのタイプチェンジなど「ティガ」の原点を踏襲し、「令和版ウルトラマンティガ」を目指す。

 3000万年前、闇の力との戦いの末、悠久の眠りについていた光の巨人・ウルトラマントリガーが、光を継ぐ主人公・マナカ ケンゴと一体化し、地球の未来のため再び怪獣災害や闇の力に立ち向かう姿を描く。ボーイズグループ「祭nine.」のリーダー・寺坂頼我さんがマナカ ケンゴを演じる。坂本浩一さんが監督を務める。7月10日から毎週土曜午前9時にテレビ東京系で放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る