注目ドラマ紹介:「春の呪い」 高橋ひかる主演で人気マンガ実写化 “情念と衝撃のラブストーリー”

テレビ東京「サタドラ『春の呪い』」第1話のワンシーン (C)テレビ東京
1 / 5
テレビ東京「サタドラ『春の呪い』」第1話のワンシーン (C)テレビ東京

 女優の高橋ひかるさん主演の連続ドラマ「春の呪い」が5月22日にスタートする。今年4月に新設されたテレビ東京のドラマ枠「サタドラ」(土曜午後11時25分)の第2弾作品となる、“情念と衝撃のラブストーリー”。高橋さんは同局のドラマ初出演にして初主演で、最愛の妹を亡くし、悲しみに暮れるなか、妹の婚約者だった財閥系の御曹司の青年から交際を申し込まれる、主人公・立花夏美を演じる。

 原作は、「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で第2位になった、小西明日翔さんの同名マンガ(一迅社)。主人公と、妹の婚約者で財閥系の御曹司の青年、恐怖の幻影として姿を現す妹。複雑な思いが渦巻く奇妙な三角関係の行方が描かれる。

 高橋さんが演じる夏美は、一見、明るく社交的だが、胸の内には屈折した感情を抱えている。両親との間に確執があったこともあり、妹の春をただ一人の家族だと溺愛しているという役柄。容姿端麗のエリート銀行マンで、春の婚約者・柊冬吾役を工藤阿須加さん、病気で他界してしまう夏美の妹・立花春役を桜田ひよりさんが務める。

 第1話は、夏美(高橋さん)は11歳だった2010年春に母・京子(近藤奈保希さん)と死別。そんな時に女性の影をちらつかせる父・浩司(飯田基祐さん)を軽蔑し、妹の春(桜田さん)をたった一人の家族として生きる決意をする。だが2020年冬、姉妹に舞い込んだ柊冬吾(工藤阿須加さん)との見合いによって、妹との絆を揺るがす危機が。冬吾は遠縁にあたる相馬財閥の分家、柊家の三男。冬吾の母・聖美(高島礼子さん)が目を付けたのは春だった……。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る