畑岡奈紗選手:バンク・オブ・ホープ LPGAマッチプレー参戦「まずはベスト16」 上原彩子選手は「いかにスコアを作っているか」

「バンク・オブ・ホープ LPGAマッチプレー」に出場する畑岡奈紗選手 Getty Images
1 / 2
「バンク・オブ・ホープ LPGAマッチプレー」に出場する畑岡奈紗選手 Getty Images

 LPGA女子ゴルフツアーとして4年ぶりにマッチプレーが復活する「バンク・オブ・ホープ LPGAマッチプレー」が、日本時間の5月27日午前3時から、米国ネバダ州ラスベガスで開幕する。同大会は連日生中継され、WOWOWオンデマンドで同時放送。日本から参戦する畑岡奈紗選手と上原彩子選手に、大会の意気込みを聞いた。

 ◇畑岡奈紗選手のコメント

 ーー今週はマッチプレーですが、経験はありますか?

 プロになってからは、チーム戦ではインターナショナル・クラウンがありましたが、個人戦は今回が初めてです。

 ーーストロークプレーとは結構印象が違うと思いますが、いかがですか?

 そうですね。本当に1ホールごとに考えていくというか、悪ければ悪いでそれで終わりにして、次に切り替えられるような試合運びかなと思います。

 ーーコースはかなりきれいに整っていると思いますが、印象はいかがですか?

 ダニエル(・カン)のホームコースで、とてもきれいだとを聞いていたのですが、グリーンもスピードが出ていますし、ここまできれいに整っていると思わなかったので、こんなところでプレーできるのはうれしいです。

 ーーフェアウェイもグリーンも硬いように思えますが、コンディションはいかがですか?

 思ったよりアップアンドダウンはありますし、手前から転がしてでもいけるんじゃないかな、というところも何ホールかあるので、そういうところを使っていきたいなと思います。

 ーー全米女子オープン前の試合ということですが、どんなプレーをしたいですか?

 来週に向けて何か良いきっかけが一つでもつかめたらいいなと思っているので、今週はいつもとは違う大会になりますけど、楽しみたいと思います。

 ーー今週に向けて意気込みをお願いします。

 今週は何なるべく一つでも先に進めるように、まずはベスト16に残れるように頑張りたいと思います。

 ◇上原彩子選手のコメント

 ーーコースがすごくきれいに仕上がっている印象ですが、いかがですか?

 まだハーフしか回ってないですけど、米国の中でも本当に有名なコースの一つなので、そういうところでプレーができて本当にうれしいです。

 ーーマッチプレーということでストロークプレーとは違う形になりますが、マッチプレーの経験はありますか?

 はい。攻め方などストロークプレーとは全然違うと思いますし、コースは結構長くて硬いという印象はあります。

 ーーご自身の調子はいかがですか?

 そんなに良くはないのですが、自分ができるゴルフをしっかりプレーしていけるように頑張りたいと思います。

 ーーどのあたりがまだしっくりこないポイントですか?

 ショットもあんまり良くないんですけど、長いとやっぱりグリーンを外すことも増えてきて、そこからのリカバリーもなかなかできていなくて。それがスコアにつながっていないのかな、という感じです。

 ーー今週はどんな戦いをしたいですか?

 400(ヤード)越えのパー4がいっぱいあって、長いセッティングのイメージが自分の中であります。そういうコースが続くので、そこでいかにスコアを作っているかが大事になると思います。

 *……WOWOWでは同大会の模様を連日生中継する。第1日は5月26日深夜3時、第2日は同28日午前8時、第3日は同29日午前8時、第4日は同30日午前6時半、最終日は同31日午前7時55分からWOWOWライブで放送。WOWOWオンデマンドでも同時配信。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事