吉岡里帆:“艶っぽ”コーデで抜群の透明感 デートは“大人っぽい”店だと「キュン」

「HOT PEPPER」6月号に登場する吉岡里帆さん
1 / 1
「HOT PEPPER」6月号に登場する吉岡里帆さん

 女優の吉岡里帆さんが、リクルートの情報誌「HOT PEPPER(ホットペッパー)」6月号(5月28日発行)の表紙を飾る。アザーカットも公開され、吉岡さんが肌が透けた艶っぽいコーディネートに身を包んだ、透明感抜群のカットとなっている。

 同号には、吉岡さんがプライベートやグルメについて語ったインタビューも掲載。デートで連れて行ってほしい店を聞かれると、「大人っぽい落ち着いたお店がうれしいです」と明かし、ちょっと背伸びをした店に連れて行ってもらえると「キュンとする」と語っている。

 また人生で最後に食べたい料理は「すき焼き」といい、「納豆ご飯と悩んだのですが、人生最後にこれを食べれば悔いはないと思えるのは、“割り下”の甘辛さが染みた牛肉と白米です!」と告白。白米も大好きだといい、「先日、冷凍する分も含めてお米を炊いたんですが、気づいたらほとんど食べてしまっていました(笑い)」と笑顔で打ち明けている。

 さらに、吉岡さんは「パン好き」であることを公言。「バターも砂糖も“たっぷり”がやめられない。罪悪感や背徳感を含めてもパン好きなんです(笑い)」と熱弁。パンの中でも一番好きなのは「ベーコンエピ」といい、「先日食べたベーコンエピは、ゴマと甘辛いタレがかかっていて、和風な感じがたまりませんでした! 思い出してもまた食べたい!」と声を弾ませながら「パン愛」を語っている。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る