呪術廻戦:コミックス最新16巻が初版200万部 累計5000万部突破 勢い止まらず半年で5.9倍

「呪術廻戦」のコミックス16巻のカバー(C)芥見下々/集英社
1 / 9
「呪術廻戦」のコミックス16巻のカバー(C)芥見下々/集英社

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガ「呪術廻戦」の6月4日に発売されるコミックス最新16巻の初版発行部数が約200万部となることが5月31日、分かった。3月4日に発売された15巻の初版は約150万部で、次巻でさらに部数を伸ばした。電子版を含む累計発行部数が、5000万部を突破したことも発表された。同作は、テレビアニメも人気を集めており、放送がスタートした2020年10月時点の累計発行部数は約850万部で、約半年で約5.9倍と止まらぬ勢いを見せている。

 同作は、2020年10月29日時点で累計発行部数が1000万部に達し、今年1月13日で累計発行部数は約2000万部、2月9日で約3000万部、3月31日で約4000万部、4月21日で約4500万部と部数を伸ばしてきた。

 コミックス18巻(12月25日発売)、19巻(2022年4月4日発売)で、同作初となるグッズ付き同梱(どうこん)版が発売されることも発表された。第18巻の同梱版には、32キャラクターのチャーム付きアクリルスタンドカレンダーが付属する。第19巻の同梱版には、両面宿儺(りょうめんすくな)の指の封印布、五条悟が封印された獄門疆(ごくもんきょう)など渋谷事変で秘匿された“物品”5点のオブジェと、マンガのコマを使用した「現場写真」が付属する。同梱版は予約受注生産で、予約受け付けがスタートした。

 「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。テレビアニメが2020年10月~2021年3月に放送された。劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」が制作され、今冬に公開されることが発表されている。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る