キングダム:第3シリーズ第10話「窮地の大抜擢」 騰が蒙恬、王賁を抜擢 さらなる難局

「キングダム」第3シリーズの第10話の一場面(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
1 / 9
「キングダム」第3シリーズの第10話の一場面(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

 原泰久さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「キングダム」第3シリーズの第10話「窮地の大抜擢」が、NHK総合で6月6日深夜0時10分に放送される。

 か燐の奇策により、秦軍は混乱に陥る秦軍。録嗚未(ろくおみ)、干央(かんおう)が奮闘し何とか危機を脱するも、か燐の本当の狙いは別にあり、再び秦軍は窮地に立たされる。

 この状況に将軍・騰(とう)は急きょ左右の軍の指揮官の入れ替えを決断。新たな指揮官として蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)を抜擢(ばってき)する。一方、函谷関では、魏軍総大将・呉鳳明(ごほうめい)が持ち込んだ新兵器が国門を守る将たちを驚がくさせ、先日の韓軍の攻撃で大打撃を受けた将軍・張唐(ちょうとう)率いる軍には、さらなる難局が迫る。

 「キングダム」は、2006年から「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気マンガ。中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す信の活躍や、後に始皇帝の名で知られるようになる秦王・えい政ら英雄たちのドラマを描く。山崎賢人さん主演の実写映画が2019年に公開された。NHK・BSプレミアムで、テレビアニメ第1シリーズが2012年6月~2013年2月、第2シリーズが2013年6月~2014年3月に放送された。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る