二宮和也:主演映画「TANG タング」発表で反響続々 ゲームざんまいの男役で「ピッタリ」の声も 

映画「TANG タング」で主演を務める二宮和也さん Based on A ROBOT IN THE GARDEN by Deborah Install Copyright (C) 2015 by Deborah Install Licensed by Deborah Install c/o Andrew Nurnberg Associates, London through Tuttle-Mori Agency,Inc., Tokyo (C)2022 映画「TANG」製作委員会
1 / 1
映画「TANG タング」で主演を務める二宮和也さん Based on A ROBOT IN THE GARDEN by Deborah Install Copyright (C) 2015 by Deborah Install Licensed by Deborah Install c/o Andrew Nurnberg Associates, London through Tuttle-Mori Agency,Inc., Tokyo (C)2022 映画「TANG」製作委員会

 二宮和也さんが、2022年公開の映画「TANG タング」(三木孝浩監督)で主演を務めることが6月11日、発表された。昨年末の「嵐」の活動休止後、初の主演映画で、ツイッターでは「#二宮和也」「二宮くん」「ニノちゃん」「ニノ映画」「ニノちゃん映画」「ゲームざんまい」といったワードがトレンド入りするなど、早くも注目を集めている。
 
 映画は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれ、日本国内ではシリーズ累計発行部数21万部を超える、デボラ・インストールさんのイギリス小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(小学館文庫)が原作。日本版にアレンジを加えて実写化する。

 わけあって無職で、人生に「迷子中」の健はある日、記憶をなくして“タング”と名乗る不良品ロボットと出会う……という展開。ゲーム好きで知られる二宮さんだが、本作ではゲームざんまいで妻に捨てられたダメ男・春日井健を演じる。また、不良品ロボットと異色のコンビを組むことになる。

 発表を受けて、SNSでは「ニノ映画主演おめでとう!」「ゲーマー二宮くん少しだけ被るね」「ピッタリな役過ぎて公開が楽しみ」「ロボットやら、ゲームざんまいやら、気になるワードがいっぱい」「ロボットは新鮮すぎてびっくり」「楽しみがどんどん増えていく!!」と期待する声で溢れていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る