小岩井ことり:「七つの大罪」エレイン役 バンへの想いを大切に ドキドキ 涙も

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する小岩井ことりさん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する小岩井ことりさん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。妖精族のエレインを演じる小岩井ことりさんは「バンへの想(おも)い」を大切に演じてきたという。小岩井さんに作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇頭のよさや責任感などを表現

 --作品やキャラクターの魅力は?

 素晴らしい作品に出演できて心から光栄に感じています。魅力は挙げきれないほどですが、王道ファンタジー作品でありながらキャラクターたちの愛をめぐる関係やつながっていく意思などが繊細に描かれているところが個人的にはとてもとても魅力的だと感じます。迫力のアクションシーンや重厚なお話、アツい愛や絆や友情のお話、そしてそれぞれのキャラクターの成長など、私自身ドキドキしながらそして時に涙しながら楽しませていただきました。

 --演じる中で意識していることは?

 なぜ、エレインに選んでいただいたか質問させていただいたことがありました。その時、教えていただいたのは「素直さと賢さが表現に表れるから」とのことでした。なので、素直でいられることを大切に、エレイン自身の立場的に求められる頭のよさや責任感などを表現することを心掛けています。そして何よりバンへの想いはどんなシーンでもエレインの中心にある気持ちだと思うので大切にしています。

 --演じる中で変化は?

 エレイン自身がシリーズを通してどんどん新しい経験をして成長していく姿が描かれているので、心を閉ざした状態からバンとの出会い、そしてお友達もできて……とエレインとしての感じ方や考え方も変化していきました。

 ◇デビュー時に感じたキャスト、スタッフの優しさ

 -ー声優陣のチームワークは?

 私も初めてエレインを演じさせていただいた時はデビューして間もなかったのもあってめちゃくちゃ緊張していて。でもそんな私を皆さんとっても優しく導いてくださりました。中でも印象的だったのはバン役の鈴木達央さんが、バンとエレインの掛け合いせりふを録(と)るとき、なるべく近くのマイクに入ってくれたり、目を見て息を合わせてできるように台本を逆の手で持ってくださったり……と声優さんもスタッフさんもずっとずっと尊敬している方々ばかりの現場です!

 -ー「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦は?

 ちょっと変なことかもしれないんですが、エレインは妖精さんなので空中に浮いていることが多いじゃないですか。その役としてそのシーンに立ったときのことを体感して演じることが多いので、浮遊感を感じるのは発声する上で最初難しかったです! あまり必要ない要素かもしれないんですが(笑い)。

 --最終章の見どころを教えてください。

 いよいよ最終章! 今までドキドキわくわくしたシーンがどさっとまとめてやってきたかのような、ラストに向けてとんでもなく盛り上がっていきます!アフレコ用映像を家で見ていても何度も視聴者としての「わー!」という声が出ちゃいました! 驚きでもありうれしい「わー!」でもありドキドキの声でもあり! 心がすごい勢いで動きます! さらに友情、愛情、絆などたくさん感じる部分もあって……。ぜひ皆さんにご覧いただきたいです!


アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る