鈴木梨央:劇場版アニメ「おしりたんてい」でゲスト声優 スフーレ島のおてんば娘ルルに

劇場版アニメ「映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ」に出演する鈴木梨央さん(C)Troll/POPLAR(C)2021東映まんがまつり製作委員会
1 / 4
劇場版アニメ「映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ」に出演する鈴木梨央さん(C)Troll/POPLAR(C)2021東映まんがまつり製作委員会

 人気アニメ「おしりたんてい」の劇場版第3弾「映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ」(座古明史監督、8月13日公開)にゲスト声優として、女優の鈴木梨央さんが出演することが6月22日、分かった。鈴木さんは劇場版の舞台となるスフーレ島で暮らす好奇心旺盛なおてんば娘・ルルを演じる。

 スフーレ島では、人々が風に乗って空を飛びながら生活しており、ルルの一家は島の大灯台にある風のみちしるべという光る石を守っている。かいとうUに狙われた風のみちしるべを、おしりたんていとブラウン、ルルが守ろうとする。

 鈴木さんは「子どものころ読んでいた『おしりたんてい』の映画で声優として参加できるのはとてもうれしかったです。おしりたんていさんやかいとうUさんと共演できるなんてちょっと不思議な気分でした」とコメント。

 「ルルは好奇心旺盛で、決めたことはすぐ行動に移すというようなところがあります。私も思い立ったらすぐ行動するところがあるので、そこは自分と似ているなと思いました。好奇心旺盛なルルが島の宝『風のみちしるべ』を守るためにおしりたんてい、ブラウンと共に一緒に事件を解決しようと奮闘するところを見ていただければと思います。一緒に大空を冒険した気分になってもらえると思います」と話している。

 「おしりたんてい」は、トロルさんの絵本が原作。顔の形がおしりに見える名探偵おしりたんていが、「フーム、においますね」という決めぜりふと共に難事件を解決していく。2019年に劇場版「映画おしりたんてい カレーなる じけん」、2020年に「映画おしりたんてい テントウムシいせきの なぞ」が公開された。東映アニメーションが制作するテレビアニメが、NHK・Eテレで毎週土曜午前9時に放送中。

 劇場版第3弾は、一年中風が吹くスフーレ島を舞台に、おしりたんていたちが、かいとうUに狙われた島の宝・風のみちしるべを守ろうと奮闘する。東映のオムニバス興行「東映まんがまつり」で、韓国発の人気学習マンガ「科学漫画サバイバル」シリーズが原作の劇場版アニメ第2弾「深海のサバイバル!」と同時上映される。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る