サ道2021:ポスタービジュアル公開 “真顔”の原田泰造&三宅弘城&磯村勇斗

連続ドラマ「サ道2021」のポスタービジュアル(C)「サ道2021」製作委員会
1 / 6
連続ドラマ「サ道2021」のポスタービジュアル(C)「サ道2021」製作委員会

 お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さんが主演を務めるサウナを題材とした連続ドラマ「サ道」の新シリーズ「サ道2021」(テレビ東京、7月9日から毎週金曜深夜0時52分に放送)のポスタービジュアル、主題歌、エンディングテーマが発表された。ビジュアルは、原田さん、三宅弘城さん、磯村勇斗さん演じる仲良し3人組の“サウナー”の真顔が印象的な仕上がりとなっている。

 主題歌は前作に引き続き、「サ道」の原作者・タナカカツキさんが作詞を手がけ、Cornelius(小山田圭吾さん)が歌う「サウナ好きすぎ」。エンディングテーマは、バンド「Tempalay(テンパレイ)」の新曲「あびばのんのん」が起用された。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中のタナカさんのマンガ「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」が原作。ナカタアツロウ(原田さん)、偶然さん(三宅さん)、イケメン蒸し男(磯村さん)の3人のサウナーを中心に、サウナの奥深さや入り方、マナーなど“サウナの道”=“サ道”を究めていく過程やそこで出会う個性的な人々との出来事を描くヒューマンドラマ。2019年7月期の連ドラには、全国のさまざまなサウナ施設が登場したほか、“サウナ界の重鎮”も続々登場し、「ドラマを見るだけでととのう」と話題に。「第3回日本サウナ大賞」を受賞するなど、サウナーを中心に注目を集める作品となった。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る