妻夫木聡:「秋葉原楽しんだ」 聖闘士星矢の完コスに感激

妻夫木聡さん
1 / 7
妻夫木聡さん

 俳優の妻夫木聡さんが6月24日、映画「唐人街探偵 東京MISSION」(チェン・スーチェン監督、7月9日公開)の公開直前イベントに鈴木保奈美さん、浅野忠信さん、三浦友和さんとともに登場。秋葉原での撮影を振り返って「役を通じて秋葉原をすごく楽しんだ。(人気スタイリストの)伊賀大介さんに作ってもらって、完璧なコスプレをさせてもらったんで。 聖闘士星矢のコスプレ楽しかったですね。あそこまで堂々と人前で歩くのは、この映画の中だけじゃないと無理。うれしかったです」と笑顔を見せた。

 前作「僕はチャイナタウンの名探偵2」(原題:唐人街探案2)にも出演した妻夫木さん。今回の第3弾について「テンポ感があって面白かった。『こんなに日本で遊んでくれたか!』という感じで暴れまくっていた」と賞賛。

 第2弾の撮影後、本作のために中国語を勉強していたと言い、「中国語のセリフがいっぱいなんだろうなと思っていたけど、初めて台本を見たら翻訳機をつけている。『あんまりしゃべってないじゃん!』と思って拍子抜けしちゃった」と笑いつつ、「監督に言って、日本語のセリフをいくつか中国語に変えた」と明かした。

印象的だった撮影地は、聖闘士星矢のコスプレを披露した秋葉原。「プライベートでは、絶対することがなかった。秋葉原もなかなか行ったことがなかった。どういう街かもはっきり分からなかった。すごいですね、やっぱり。想像しているよりも、ちゃんとその分野を楽しませる街」と率直に語った。

本作は東京を舞台に、ワン・バオチャンさんとリウ・ハオランさん演じる探偵コンビが、日本やタイの探偵と共に事件解決に挑むコメディー、ミステリー、アクション、ドラマを掛け合わせた、“全ジャンルメガ盛り”のエンターテインメント作。国際的に事件を解決してきた探偵コンビ、タン・レン(ワンさん)とチン・フォン(リウさん)は、日本の探偵・野田昊(妻夫木さん)から協力を依頼され、東京へ。

 今回のミッションは、東南アジアのマフィア会長の密室殺人事件で起訴された、ヤクザの組長・渡辺勝(三浦さん)の冤罪(えんざい)証明だった。タイの探偵で元刑事のジャック・ジャー(トニー・ジャーさん)も参加し解決を試みるが、殺された会長の秘書・小林杏奈(長澤まさみさん)が何者かに誘拐される事件が発生。探偵世界ランキング第1位で正体不明の「Q」まで現れ、さらなる混乱が巻き起こる……というストーリー。中国で2月12日に公開されると、2019年の「アベンジャーズ/エンドゲーム」を抜いて、全世界オープニング週末興行収入1位の新記録を樹立した。

写真を見る全 7 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る