超速パラヒーロー ガンディーン:話題のNHK特撮ドラマ 次週最終回も…続編求む声 「3話では物足りない」「1年かけて50話くらいでやって」

NHKの特撮ドラマ「超速パラヒーロー ガンディーン」第2話場面カット (C)NHK
1 / 1
NHKの特撮ドラマ「超速パラヒーロー ガンディーン」第2話場面カット (C)NHK

 「仮面ライダージオウ」などで知られる奥野壮さんが主演するNHKの特撮ドラマ「超速パラヒーロー ガンディーン」第2話「秘密」が7月3日に放送された。ドラマは全3回で、次週が最終回となるが、SNSでは「来週最終回ってうそでしょ」「マジで全3話なの? マジで来週で終わるの?」「次回で終わるのもったいない!」「3話では物足りない」といった声が上がっている。

 「超速パラヒーロー ガンディーン」は、大きな夢を持ち、パラ陸上の練習に打ち込む17歳の高校生・森宮大志(奥野さん)が仲間が作るサポート・ギアを駆使して侵略者から地球を守る。演出は「ウルトラマン」シリーズの辻本貴則監督で、キャラクターデザインを、「ゴジラ」シリーズに携わってきたマンガ家でデザイナーの西川伸司さんが担当。6月26日にスタートし、初回からツイッターのトレンドで「#ガンディーン」が1位を獲得したほか、ヒーローや怪獣の造形からカメラアングルに至るまで、「期待以上の出来」とファンをうならせている。

 第2話では、深井京(小芝風花さん)の指導で車いす陸上の練習を続ける森宮大志(奥野さん)。一方、なぜかグー(林カラスさん)の意思が理解できる清名理央(中村守里さん)によって、その秘密が明らかになる。

 アラート星出身のグーは、故郷で起きた大虐殺から逃れ、地球で出会った大志を戦士に選んだのだという。使命の重さに苦しむ大志。そんな息子をサポートすべく、源(つるの剛士さん)は従業員とともに、競技用車いすを改造した“ハイパーホイール”を完成させる。そこに現れる怪獣ラゲルトとラルー(水野美紀さん)。捕らわれる京。大志は再び変身する……という展開だった。

 ファンからは「実に見応えのある内容で大満足。来週最終回てか悲しすぎる」「第3話だけ2時間とかやってくれないと満足できないんですけど」「続編求む!! もっと見たい」「もっとやってくれてええんやで」「1年かけて50話くらいでやってくれませんか」「これ本当に3話で完結? 50話くらいやっても良いのよ」「これ、次が最終回とかもったいないよ! もっと続けようよ!!」といった意見も次々と書き込まれた。

テレビ 最新記事