乃木坂46大園桃子:加入5周年の9月4日にグループ卒業 芸能界も引退へ 3期生は「かけがえのない12人」

アイドルグループ「乃木坂46」卒業を発表した大園桃子さん(2016年撮影)
1 / 1
アイドルグループ「乃木坂46」卒業を発表した大園桃子さん(2016年撮影)

 アイドルグループ「乃木坂46」の大園桃子さんが7月4日、グループを卒業することが分かった。同日、乃木坂46の公式サイトで発表された。27枚目シングル「ごめんねFingers crossed」の活動をもって、9月4日に卒業予定。芸能界も引退するという。

 大園さんは、公式サイト内のブログで「突然ですが、ご報告をさせてください。今回の27枚目シングルの活動をもちまして乃木坂46を卒業します」と発表。3期生としてグループ入りを果たしてから、「優しさに触れ、幸せで、うれしくて、乃木坂に入っていなければこんなすてきな瞬間を味わうことはできなかっただろうなということもたくさん。毎日泣いて、光が見えなくて乃木坂に入っていなければこんなにつらくて怖い思いをしないで済んだのになということもたくさん。どちらの感情も味わった約5年間でした」と振り返った。

 同期のメンバーに対しては、「誰一人欠けることなくゆっくりと時間をかけてみんなの性格を知って、好きになって、認め合えて、大切に想(おも)いあってかけがえのない12人になりました」と話し、「苦手なことが多く、すぐ諦めてしまう私を引っ張り上げてくれて、少しのことでも褒めてくれて本当にありがとう」と感謝。

 「私が乃木坂46として活動する最後の日は、3期生12人で5周年を迎える9月4日になります。9月4日で芸能活動も引退します」と報告し、「その日まで乃木坂46の大園桃子を応援していただけるととてもうれしいです」とつづった。

 大園さんは2016年9月4日、乃木坂46の3期生としてグループに加入。18枚目のシングル「逃げ水」で、3期生の与田祐希さんと共に初選抜にして初のセンターを務めた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る