絶対可憐チルドレン:「サンデー」人気マンガが17年の歴史に幕 テレビアニメ化も話題に

「週刊少年サンデー」33号で最終回を迎えた「絶対可憐チルドレン」
1 / 3
「週刊少年サンデー」33号で最終回を迎えた「絶対可憐チルドレン」

 椎名高志さんの人気マンガ「絶対可憐チルドレン」が、7月14日発売の連載誌「週刊少年サンデー」(小学館)33号で最終回を迎え、短期集中連載を含めて約17年の歴史に幕を下ろした。

 「絶対可憐チルドレン」は、「GS美神 極楽大作戦!!」などで知られる椎名さんのマンガ。2003年に読み切りが「少年サンデー超増刊」(同)に掲載。2004年に「週刊少年サンデー」で短期集中連載され、2005年に連載をスタートした。

 エスパーの存在が当たり前になった近未来を舞台に、チルドレンと呼ばれる薫、葵、紫穂の3人の超能力少女と国家機関の若き科学者・皆本がさまざまな事件を解決していくSFコメディー。小学生編を経て、2008年に中学生編、2014年に高校生編がスタートした。テレビアニメが2008~09年に放送され、2013年にスピンオフアニメ「THE UNLIMITED 兵部京介:絶対可憐チルドレン」も放送された。

 コミックスが第61巻まで発売されており、第62巻が7月16日、最終63巻が9月17日に発売される。
 

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る