佐藤健:「竜とそばかすの姫」出演に喜び 「別格の映画体験」

「竜とそばかすの姫」の初日舞台あいさつに登場した佐藤健さん
1 / 10
「竜とそばかすの姫」の初日舞台あいさつに登場した佐藤健さん

 「時をかける少女」「サマーウォーズ」などで知られる細田守監督の劇場版アニメ最新作「竜とそばかすの姫」の初日舞台あいさつが7月16日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京都港区)で開催され、俳優の佐藤健さんらが登場した。仮想世界<U>(ユー)の謎の存在である竜の声優を務めた佐藤さんは「僕も試写で映画を見させていただいたんですけど、ちょっと別格の映画体験でした。本当に素晴らしい映画だった。そんな素晴らしい映画が海外でも認められて、日本でもたくさんの人に見ていただけるという事実が非常にうれしく思います。そして、自分もその一つの歯車となれたこと、非常に光栄です」と喜びを語った。

 佐藤さんは、自身が演じた竜について「竜っぽい声にするために、エフェクトをかけるという話だったのですが、試写を見たらエフェクトが外されていて……。だから、冷静に見ることができなくて」と話した。

 舞台あいさつには声優として出演した中村佳穂さん、成田凌さん、染谷将太さん、玉城ティナさん、幾田りらさんも登場した。

 「竜とそばかすの姫」は、過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すずが、仮想世界<U>と出会い、成長する姿を描く。幼い頃に母を事故で亡くし、心に大きな傷を抱えていたすずはある日、“もう一つの現実”と呼ばれる<U>と出会い、ベルというアバターで参加することになる。心に秘めてきた歌を歌うことで、あっという間に世界に注目される存在となっていくベル(すず)の前に竜の姿をした謎の存在が現れる。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る