中村佳穂:「竜とそばかすの姫」ヒロイン 「呼吸が歌っている」 佐藤健が絶賛

「竜とそばかすの姫」の初日舞台あいさつに登場した(左から)玉城ティナさん、染谷将太さん、佐藤健さん、中村佳穂さん、成田凌さん、幾田りらさん
1 / 1
「竜とそばかすの姫」の初日舞台あいさつに登場した(左から)玉城ティナさん、染谷将太さん、佐藤健さん、中村佳穂さん、成田凌さん、幾田りらさん

 「時をかける少女」「サマーウォーズ」などで知られる細田守監督の劇場版アニメ最新作「竜とそばかすの姫」の初日舞台あいさつが7月16日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京都港区)で開催された。声優として出演した中村佳穂さん、佐藤健さんらが登場した。中村さんは超巨大仮想世界<U>(ユー)と出会い、ベルというアバターで参加することになる17歳の女子高生・すず、佐藤さんは<U>の謎の存在である竜をそれぞれ演じた。佐藤さんは、中村さんを「教えを請いたくなるぐらい素晴らしい表現者。歌うように呼吸をして、語りかけるように歌を歌われる方。呼吸がもう歌っているんですよね。『それどうやってるの?』って思いました」と絶賛した。

 中村さんは「すずとベルを演じ分ける時に、『ベルがこういう人だっていう前に、まず歌ってから、ベルのせりふを言うとベルらしくなるんじゃないか?』と監督からアドバイスをいただき、歌ってから、ベルのせりふを言うようにしていました」とアフレコを振り返った。

 舞台あいさつには、成田凌さん、染谷将太さん、玉城ティナさん、幾田りらさんも登場。フランス・カンヌで開催中の「第74回カンヌ国際映画祭」を訪れている細田監督が生中継で参加した。

 「竜とそばかすの姫」は、過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らすすずが<U>と出会い、成長していく姿を描く。幼い頃に母を事故で亡くし、心に大きな傷を抱えていたすずはある日、“もう一つの現実”と呼ばれる<U>と出会い、ベルとして心に秘めてきた歌を歌うことで、あっという間に世界に注目される存在となっていく。そんなベル(すず)の前に、竜の姿をした謎の存在が現れる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る