佐倉綾音:劇場版「かくしごと」は「夏にぴったり」 「G-PRO」dayに八代拓、安野希世乃も

「劇場編集版 かくしごと -ひめごとはなんですか-」の舞台あいさつに登場した(左から)神谷浩史さん、八代拓さん、安野希世乃さん、佐倉綾音さん
1 / 1
「劇場編集版 かくしごと -ひめごとはなんですか-」の舞台あいさつに登場した(左から)神谷浩史さん、八代拓さん、安野希世乃さん、佐倉綾音さん

 「さよなら絶望先生」「かってに改蔵」などで知られる久米田康治さんのマンガが原作のアニメ「かくしごと」の劇場版「劇場編集版 かくしごと -ひめごとはなんですか-」(村野佑太監督)の舞台あいさつが7月17日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、神谷浩史さんや佐倉綾音さんら声優陣と原作者の久米田さん、村野監督が登場した。主人公のマンガ家・後藤可久士のスタジオ「G-PRO(ゴトープロダクション)」で働くアシスタントの筧亜美を演じる佐倉さんは、劇場版について「夏の時期にぴったりな作品。涼しいところに行きたいと思ったら、劇場でクーラーに当たりつつ、作品の清涼感を感じていただければ」と話した。

 舞台あいさつは「『G-PRO』day」と題して、G-PROのアシスタントを演じる八代拓さん、安野希世乃さんも登壇した。劇場編集版は、新規カットを追加し、テレビアニメでは描かれなかった“もう一つのラスト”を描く。佐倉さんは、劇場版用の追加収録があったといい、「亜美がいろいろなことを察して、考えた末に出たせりふ。そういう意味では、先生(後藤可久士)の理解者、分かっている人なのかな?と思いました」と語った。

 「かくしごと」は、2015年12月~2020年7月に「月刊少年マガジン」(講談社)で連載。ちょっと下品なマンガを描いているマンガ家の後藤可久士が、愛娘の姫にマンガ家であることがバレないようにしながら過ごす日常が描かれた。テレビアニメが2020年4~6月に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る