乃木坂46高山一実:「生まれ変わってもこの人生で」 卒業発表でファン「かずみん、マジか!」「1期生がまた一人…」

「乃木坂46」の卒業を発表した高山一実さん
1 / 1
「乃木坂46」の卒業を発表した高山一実さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の高山一実さんが、9月22日に発売される28枚目のシングルをもって、グループを卒業することを発表した。“かずみん”の愛称で親しまれた高山さんの卒業に対して、SNSでは「かずみん、マジか!」「待って!」「悲しいいいい!!」「もうショック過ぎる……寝込みます」などさまざまなファンの声が上がった。

 高山さんは7月22日、グループの公式YouTubeチャンネル「乃木坂配信中」で配信された特別番組「乃木坂46分TV」で卒業を発表。高山さんは、「次の28枚目シングルをもちまして、私は乃木坂46を卒業します。10年間支えてくださった皆様、本当にありがとうございました」とコメント。「私はこの10年間で、本当にたくさんの幸せをいただいて……。10年前の夏休みに(オーディションに)応募して人生が変わって、生まれ変わってもこの人生でいたいなと思うくらい幸せでした」と笑顔で語った。

 高山さんは、1994年2月8日生まれの27歳。2011年にグループの1期生オーディションに合格し、デビューシングル「ぐるぐるカーテン」から最新曲「ごめんねFingers crossed」まで全27曲で選抜入りを果たしたメンバーの一人でもある。

 大の本好きとしても知られ、2016年には初の短編小説「キャリーオーバー」を執筆し、雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)のオフィシャルサイトに掲載された。さらに同年
に、「ダ・ヴィンチ」で長編小説「トラペジウム」の連載にも挑戦し、2018年には文庫化もされた。

 高山さんが卒業すると、グループに在籍する1期生は、秋元真夏さん、生田絵梨花さん、齋藤飛鳥さん、樋口日奈さん、星野みなみさん、和田まあやさんの6人だけになることから、SNSでは「1期生がまた一人…」「かずみんが卒業しちゃったら、1期生残り6人しかいないのか」「寂しいなあ」「1期生がどんどん卒業していっちゃうの悲しすぎる~」といった感想も書き込まれた。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る