アルマギア:4メディアでマンガ連載スタート “歌姫”音楽プロジェクト

「アルマギア-Project-」のコミカライズの連載がスタートした「月刊アクション」9月号
1 / 4
「アルマギア-Project-」のコミカライズの連載がスタートした「月刊アクション」9月号

 アニソンを中心に活躍するクリエーターのReomさんの音楽プロジェクト「アルマギア-Project-」のコミカライズの連載が、マンガ配信サイト「GANMA!(ガンマ)」「ピッコマ」「LINEマンガ」、マンガ誌「月刊アクション」(双葉社)の4メディアでスタートする。「GANMA!」「ピッコマ」では7月25日に連載がスタート。「月刊アクション」は、26日発売の9月号で連載を開始した。「LINEマンガ」では、8月8日に週刊連載がスタートする。

 コミカライズは、Reomさんが原作を手がけ、山崎かのりさんがマンガ、佐藤ミトさんがコンテ構成を担当する。オリジアース帝国の支配下の町・アトラで、レジスタンス・アルマギアと帝国との戦闘が勃発し、幼い頃、両親を帝国に連れ去られた少女・ネオンが、歌により解放された力を武器に帝国と戦おうとする。

 Reomさんは「ついに『アルマギア-Project-』の物語を初めて世に出すことができました! まずはアルマギアを支えてくださった多くの方に感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます!!」とコメント。

 「企画から今年で7年の歳月が過ぎていることに驚きを隠せませんが、企画当初からストーリーを何かしらの方法で作りたいと思っており、ずっと小説を書いていました。ですが、最初はやはりビジュアルで分かりやすくマンガで始めたいと本格的に準備を始めて3~4年。やっと連載することができて感無量です! マンガで楽しんでもらえるように何度も作りなおして今の形になりました。たくさんの人に読んでもらって、楽しんでもらえる作品にできるように頑張っていきたいと思います!」と意気込みを語っている。

 「アルマギア-Project-」は、「歌と魔法、少女×少女が織り成す絆の物語」というコンセプトを音楽で表現する“歌姫”音楽プロジェクト。これまで6枚のシングルを発表している。

 (C)Reom/AQUA ARIS

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る