機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ:[Alexandros]主題歌の狙い いい掛け算を 作品に寄り添った歌詞に

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のトークイベントの様子
1 / 1
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のトークイベントの様子

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督)のトークイベントが7月27日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、主題歌「閃光」を担当するロックバンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」、アニメを手がけるサンライズの小形尚弘プロデューサーが登場。小形プロデューサーが[Alexandros]に主題歌をオファーした経緯を明かした。

 小形プロデューサーは「『ガンダム』は、素晴らしいファンの方々がいますが、新しいファンを獲得したかった。特に若い世代に見てもらいたいという思いがあった。(原作が)30年前の小説ということもあるので、音楽は新しい方々をお迎えして、いい掛け算ができればと。マネジャーさんがガンダムファンということを聞いて、下心があってオファーしたところもあります」と説明。

 [Alexandros]の川上洋平さんは「デビューした時からマネジャーと『ガンダムの主題歌ができればいいね』と話をしていたんです。(マネジャーが)『よし、きた!』と今まで見たことがない顔をしていました」と話した。

 小形プロデューサーは「閃光」の歌詞を「川上さんと歌詞についてやりとりをさせていただきました。寄り添っていただけることも幸せですが、距離感が難しい。ここまで寄り添っていただけることはなかなかない。光栄でした」と絶賛した。

 「閃光のハサウェイ」は、1989~90年に富野由悠季監督が発表した小説が原作。宇宙世紀0105年を舞台に、第二次ネオ・ジオン戦争で苦い別離を経験したブライト・ノアの息子ハサウェイが、新型モビルスーツ・Ξ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す姿を描く。アニメは「虐殺器官」の村瀬さんが監督を務める。全3部作。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る