ドラゴンクエスト ダイの大冒険:第42話「死の大地」 ミストバーンの真の力 キルバーンがポップを挑発

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第42話「死の大地」の一場面(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO.,LTD.
1 / 4
「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第42話「死の大地」の一場面(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO.,LTD.

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の新作テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第42話「死の大地」が、テレビ東京系で7月31日午前9時半に放送される。

 ダイの剣によって鬼岩城が一刀両断にされる。ミストバーンは自らの失策に激高し、これまで隠していた真の力によって、ポップたちを一掃しようとする。その時、どこからともなくキルバーンが現れ、ミストバーンの怒気を鎮めると、二人はすぐに戦場から撤退する。キルバーンの捨てぜりふに挑発されたポップは、仲間の制止も聞かずに二人を追走する。夢中で飛ぶうち、やがて“死の大地”と呼ばれる魔の島にたどり着く。

 「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」は、三条陸さんが原作、稲田浩司さんが作画を担当し、堀井雄二さんが監修。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1989~96年に連載された。少年・ダイが、魔法使いのポップたちと魔王を倒すために冒険する姿が描かれた。1991~92年にテレビアニメが放送されており、約28年ぶりにアニメ化された。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る