大江戸もののけ物語:岡田健史×本郷奏多“妖怪時代劇” NHK「土曜時代ドラマ」で9月スタート

ドラマ「大江戸もののけ物語」で妖怪・天の邪鬼を演じる本郷奏多さん (C)NHK
1 / 1
ドラマ「大江戸もののけ物語」で妖怪・天の邪鬼を演じる本郷奏多さん (C)NHK

 俳優の岡田健史さん主演で昨年、NHK・BSプレミアムで放送されたドラマ「大江戸もののけ物語」(全5回)が、同局の「土曜時代ドラマ」枠(総合、土曜午後6時5分)で9月11日にスタートすることが分かった。「妖(あやかし)」と人間とのファンタジックな交流を描く、妖怪時代劇で、岡田さんが仲間や家族との絆で成長していく主人公の新海一馬を演じ、一馬との交流を通じて自身の運命に立ち向かう妖怪・天の邪鬼(あまのじゃく)役で、本郷奏多さんが出演する。

 ドラマの妖怪監修は荒俣宏さん。山田杏奈さん、森川葵さん、青山美郷さん、平尾菜々花さん、イッセー尾形さん、石丸謙二郎さん、石井正則さん、高田翔さん、宮本裕子さん、酒向芳さん、池内万作さん、藤本隆宏さん、甲本雅裕さんも出演し、語り(ナレーション)を歌手の美輪明宏さんが担当する。

 寺子屋で教える一馬(岡田さん)は、気は弱いが心は優しい旗本の次男坊。わんぱくな子供たちに手を焼きながらも、気が強くおてんばなお雛(平尾さん)に助けられながらの寺子屋稼業の毎日を送っていた。ある日、不思議なまが玉に触れた2人の前に、妖怪・天の邪鬼(あまのじゃく、本郷奏多さん)が現れ……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る