ザ・ファブル 殺さない殺し屋:観客動員数100万人突破 シリーズ2作連続の快挙 岡田准一が“伝説の殺し屋”に 平手友梨奈、堤真一ら出演

映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のビジュアル(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
1 / 1
映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のビジュアル(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

 人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で、南勝久さんの人気マンガを実写化した映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」(江口カン監督)が6月18日の公開から、8月1日までで観客動員数が100万人を突破したことが分かった。2019年に公開された前作の「ザ・ファブル」に続き、シリーズ2作連続での観客動員100万人超えとなり、シリーズ累計興行収入は31億円を突破した。

 「ザ・ファブル」は、伝説の殺し屋「ファブル」が、ボスからの命令で殺人を封印し、「佐藤アキラ」という偽名で暮らすものの、平和な街を脅かす事件に巻き込まれていく……というストーリー。マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中の原作マンガは累計発行部数が900万部を超える人気作だ。

 「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」は、かつてファブルに弟を殺された邪悪な男・宇津帆(堤真一さん)が、すご腕の殺し屋・鈴木(安藤政信さん)と共に、ファブルへ復讐(ふくしゅう)をもくろむ……というストーリー。前作から引き続き、木村文乃さん、佐藤浩市さんらが出演したほか、新キャストとして平手友梨奈さんらが出演している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る